JBS セキュリティ
セキュリティ
企業の IT 資産を守る

ソリューショントップへ

IT セキュリティの新しいサービスは、お客さまのビジネスに最適になソリューションを提供します。
最新の技術と経験豊富な専門家によるサポートで、あらゆるセキュリティ課題に対応します。

対策プロセス

対策領域

リスクの可視化

システムやサービス、ルールに存在する課題やリスクを可視化し、お客さま環境を考慮した今後の方向性をアドバイスします。既存環境や今後進化する環境における問題点を明らかにし、全体最適を意識した上で効果的にセキュリティ施策を進めたいお客さまにおすすめします。

JBS ではお客さま固有の環境に合わせた製品設計、構築、運用支援に加えて、デファクトソリューションを核とした標準サービスを用意しています。迅速で効率的に採用をすすめたい方はぜひ、以下の標準サービスの検討をおすすめします。

アセスメントサービス for Active Directory

導入支援

情報セキュリティ基盤として必要な製品やソリューションの選択や設計、導入、構築を支援します。セキュリティは最新の状態に保つための運用管理まで見据えた設計を支援します。

JBS ではお客さま固有の環境に合わせた製品設計、構築、運用支援に加えて、デファクトソリューションを核とした標準サービスを用意しています。迅速で効率的に採用をすすめたい方はぜひ、以下の標準サービスの検討をおすすめします。

クイックラーニング for Microsoft Purview Information Protection

セキュリティ運用監視

日々進化する外部脅威(サーバー攻撃)に対し、お客さまのシステムやサービス環境をセキュリティ監視します。脅威を検知・分析・防御すると共に、必要となる対処までアドバイスします。

JBS ではお客さま固有の環境に合わせた製品設計、構築、運用支援に加えて、デファクトソリューションを核とした標準サービスを用意しています。迅速で効率的に採用をすすめたい方はぜひ、以下の標準サービスの検討をおすすめします。

エンドポイントアップデート for Windows

クラウド基盤

クラウドサービスを利用する際に必要なセキュリティの確保や管理が求められます。
セキュリティ対策には、暗号化、認証、アクセス制御、監査、バックアップなどの技術や手法を用います。Saas、Iaas、Paas といった様々なクラウドが混在したシステム環境の中でセキュリティの責任分解点はますます複雑にわかりにくくなっています。それぞれのクラウド基盤の特性を理解したセキュリティ対策が求められる中、ユーザー企業がすべてを理解するのは困難です。マイクロソフトのクラウドソリューションに精通した JBS が支援します。

JBS ではお客さま固有の環境に合わせた製品設計、構築、運用支援に加えて、デファクトソリューションを核とした標準サービスを用意しています。迅速で効率的に採用をすすめたい方はぜひ、以下の標準サービスの検討をおすすめします。

アセスメントサービス for Active Directory

エンドポイント

ネットワーク接続デバイスやアプリケーションの保護は、サイバー攻撃やデータ漏洩から企業や個人の資産を守るために重要性が増しています。特に、リモートワークの普及に伴い、その必要性は一層高まっています。サイバー攻撃の多くがクライアントを標的とし、ますます巧妙になっていきています。ユーザー一人一人に最新のセキュリテイレベルを保つための教育を徹底するにも限界がある中、集中的に社内のデバイスを管理することは非常に有効な手段です。

JBS ではお客さま固有の環境に合わせた製品設計、構築、運用支援に加えて、デファクトソリューションを核とした標準サービスを用意しています。迅速で効率的に採用をすすめたい方はぜひ、以下の標準サービスの検討をおすすめします。

エンドポイントアップデート for Windows

ID 認証、データ保護

複雑化されるハイブリット環境下において、今後は認証とデータ保護は益々重要なセキュリティ施策となってきます。ID 認証はユーザーが自己を証明し、システムへのアクセスを可能にする一方、データ保護は情報の漏洩や改ざんを防ぐ手段として機能します。これらは互いに補完し合い、インターネットの安全性と信頼性を確保するための不可欠な要素となっています。

JBS ではお客さま固有の環境に合わせた製品設計、構築、運用支援に加えて、デファクトソリューションを核とした標準サービスを用意しています。迅速で効率的に採用をすすめたい方はぜひ、以下の標準サービスの検討をおすすめします。

アセスメントサービス for Active Directory

関連導入事例

関連ニュース

JBS、「スマートスタート for Microsoft Azure Security」サービスをリリース

~ID、クラウド基盤、リソースの脅威検知・防御ソリューション、最短 3週間で導入・自社運用を実現~

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘、以下「JBS」、証券コード:5036)は、「Microsoft Azure(以下、Azure)」環境に存在する ID、クラウド基盤、リソースに対する脅威を検知し防御するためのセキュリティソリューションを最短 3週間で導入・自社運用を実現するサービス「スマートスタ―ト for Microsoft Azure Security」をリリースしました。

このサービスは、これまでの JBS の「Azure」導入・運用実績から導き出したベストプラクティス(=推奨構成)に基づき、お客さまの環境に最適な設計でセキュリティ対策を実装します。ヒアリングシートの記入後、最短 3週間で構築が完了し、導入後も運用手順書に沿ってお客さまご自身での運用を可能にします。

セキュリティに関する専門知識がなく、手順書があっても自社運用はハードルが高いのではないか、といったご懸念を抱くお客さまも多い中、JBS が提供する運用手順書は、製品の基本操作から運用の中で発生するチューニング方法、セキュリティインシデント発生時の対応例までを網羅しており、これまでリリースしてきた各種スマートスタートシリーズにおいても運用を内製する皆さまにご好評をいただいています。

サービス開発の背景

サイバー攻撃が高度化する中、クラウドシステムの普及によって企業が自社でセキュリティ対策を行うのは困難な状況となっています。ユーザーにとっては場所を選ばずにどこでも働ける環境が手に入る一方で、管理者にとってはゼロトラストの実現や、クラウドシステム自体のセキュリティ向上など、山積する課題に対し「どこから対策をスタートすればよいのかわからない」「対策コストがどの程度かかるかわからない」「実装しても運用できるか不安」といった声があがっています。

その中で JBS は企業の「Microsoft 365」の ID やデバイス、アプリケーションを対象としたサイバー攻撃をブロック・検知する機能を短期間で実装する「スマートスタート for Microsoft 365 E5 Security」を 2021年1月にリリースし、多数のお客さまにご利用いただいております。さらに「Microsoft 365」だけでなく「Azure」に移行したシステムに対してもセキュリティの懸念を抱かれる企業が多く、また早急な対策が求められている状況を踏まえ、ベストプラクティス設計を定型化したサービスをリリースすることとしました。

「スマートスタート for Microsoft Azure Security」で実現する各種対策

  • 1. ID に対する脅威:侵入対策、特権保護
  • 2. クラウド基盤に対する脅威:ポスチャ管理、脆弱性対策
  • 3. リソースに対する脅威:マルウェア対策、不正操作検知
  • JBS、「スマートスタート for Microsoft Azure Security」サービスをリリース

  • なお、この度のリリースに関して、日本マイクロソフトよりエンドースメントをいただいております。

    日本マイクロソフトは、JBS 様の「スマートスタート for Microsoft Azure Security」リリースを心より歓迎いたします。 クラウドネイティブ時代、サイバー脅威もクラウドを標的とした攻撃が中心となっています。進化の早いクラウド環境に対応しながら、いかに組織を守っていくかが課題となっています。お客様からは、セキュリティ対策のコスト、その確実性などに不安があり、自社だけでは対応を進められないという声を耳にします。企業の皆さまにとって、セキュリティ対策の最適解はわかりにくいものとなっています。JBS 様は、「Microsoft Azure」に関するパートナーの最上位認定である「Azure Expert マネージド サービス プロバイダー」をお持ちで、これまでマイクロソフトクラウドサービスに関して、数多くのご実績がおありです。JBS 様の「スマートスタート for Microsoft Azure Security」は、企業が取るべき推奨の構成がまとまっているため、効率よく、短期間・低コストでのリスク対応を実現します。 「スマートスタート for Microsoft Azure Security」によって、これまで以上に皆さまの安心・安全な「Microsoft Azure」活用が進むものと期待します。 これからも日本マイクロソフトは JBS 様との強固な連携を通じ、企業の皆さまのデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

    日本マイクロソフト株式会社 業務執行社員
    パートナー事業本部 副事業本部長
    エンタープライズパートナー統括本部長
    木村 靖

    参考:「スマートスタート for Microsoft Azure Security」価格

    「Azure」セキュリティソリューションを個別に実装する単体メニューと、特定のサービスやリソースを守るために必要なソリューション群を実装するシナリオメニューを用意しており、用途によって選択が可能です。

    単体提供
    • Microsoft Defender for Cloud - Defender CSPM ¥ 300,000 -
    • Microsoft Defender for Servers プラン 1 ¥ 950,000 -
    • Microsoft Defender for Servers プラン 2 ¥ 1,500,000 -
    • Microsoft Entra ID プラン2(IdP/PIM/条件付きアクセスポリシー) ¥ 1,800,000 -
    • Microsoft Defender for Storage 他 PaaS 向け保護製品 ¥ 200,000 -
    シナリオ提供
    • Azure Virtual Desktop セキュリティ強化シナリオ ¥ 3,000,000 -
    • Azure あんしんシナリオ ¥ 4,500,000 -

    参考:理想的な「Azure」導入・運用を実現する JBS サービス

    JBS は「Azure」へのシステム移行アセスメントから、移行、セキュリティ対策、導入後の運用に至るまでの各種サービスを提供しています。お悩みに応じてサービスを組み合わせることで、「Azure」の対応をワンストップで実現することができます。

    アセスメントサービス
    運用・監視サービス

    • Microsoft、Azure、Microsoft 365、Microsoft Defender、Microsoft Entra、Dynamics 365 は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
    • Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
    • 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
    • 本リリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

    JBS と S&J、Microsoft 365 に加え、業界初となる Microsoft Azure まで統合監視を可能にしたセキュリティ監視サービス「JBS SOC」共同開発・提供開始

    日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田 幸弘、以下「JBS」、証券コード:5036)は、S&J株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:三輪 信雄、以下「S&J」)と、「Microsoft 365」に加え業界初(※1)となる「Microsoft Azure」まで統合監視を可能にしたセキュリティ監視サービス「JBS SOC(※2)」の共同開発をし、提供を開始します。

    背景

    昨今、業務システムのクラウド化が進み、サイバー攻撃のターゲットがクラウドにシフトしています。その対策として「Microsoft 365 E5 Security」や「Microsoft Defender for Cloud」といったセキュリティソリューションを導入する企業が増えています。 しかし、多くの企業はこれらの運用経験が少なく、かつ高度化するセキュリティ対策のためにはセキュリティ専門家が必要となるなど、ナレッジ不足や体制面の課題を抱えています。

    このような課題に対し、これまでに多数の「Microsoft 365」「Microsoft Azure」のセキュリティ案件・運用を手掛けてきた JBS と、豊富なセキュリティ事故対応経験に裏打ちされた脅威分析力とアドバイス力に特徴のある、セキュリティ運用・監視を得意とするS&Jが、「Microsoft 365」「Microsoft Azure」を統合監視対象とした業界でも新しい「JBS SOC」を共同で開発しました。

    「JBS SOC」の特徴

    「Microsoft 365 E5 Security」と「Microsoft Defender for Cloud」で検知されたアラートをセキュリティアナリストが 24時間 365日で監視します。あらかじめ、お客さまの環境を把握したうえで、「Microsoft Sentinel」(※3)を活用し、「Microsoft 365」「Microsoft Azure」のログと、ファイアウォール、プロキシといった通信ログなどを相関分析することにより、脅威の影響度を判断し、対処が必要なアラートのみを通知します。

    また JBS の強みを生かし、「Microsoft 365 E5 Security」「Microsoft Defender for Cloud」の機能を活用した脅威への対処、アラート検知精度向上・既知の脅威をブロックするためのチューニングを実施、さらに月次で監視状況やお客さま環境のセキュリティ状態を評価し、改善案を提示します。

    「JBS SOC」により、お客さまは安心して「Microsoft 365」「Microsoft Azure」 を利用することが可能となります。

  • JBS と S&J、業界初(※1)となる Microsoft 365 と Microsoft Azure の セキュリティを統合監視する「JBS SOC」共同提供開始

    JBS SOC 概要

  • 今後の展望

    「JBS SOC」は今後、アラート監視対象をファイアウォールやプロキシなどの通信ログ、マルチクラウドまで広げることにより、「Microsoft 365」「Microsoft Azure」のセキュリティ統合監視から、お客さま環境全体のセキュリティ統合監視を目指していきます。

  • JBSと S&J、Microsoft 365 に加え、 業界初となる Microsoft Azure まで統合監視を可能にした セキュリティ監視サービス「JBS SOC」共同開発・提供開始

    アラート監視対象の拡大を予定

  • なお、この度のリリースに関して、日本マイクロソフトよりエンドースメントをいただいております。

    ⽇本マイクロソフトは、JBS 様とS&J様が提供される「JBS SOC」のリリースを⼼より歓迎いたします。 現代のデジタルビジネス環境において、「Microsoft 365」や「Microsoft Azure」などを安心して利用するためには、製品導入とともに、継続的な運用監視が大切です。 私たちは、「Microsoft 365 E5 Security」や「Microsoft Defender for Cloud」といったサービスを導入するうえで、検知されたアラートに適切に対応すること、日々進化するセキュリティ機能を積極的に活用し、迅速かつ的確な対策を講じることが非常に重要であると考えています。また、日々高度化し続けるサイバー脅威に対抗するためには専門的な知識と経験を備えたセキュリティプロフェッショナルが不可欠です。 豊富な Microsoft 製品のご展開実績を持つ JBS 様と、運用監視における専門性をお持ちのS&J様の協力により提供される「JBS SOC」サービスは、多くのお客さまのセキュリティ運用に対して強力な支援を提供し、Microsoft Cloud によるサイバーハイジーンの実現に繋がると確信しています。 これからも⽇本マイクロソフトは S&J様、JBS 様との強固な連携を通じ、皆さまの安全なデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

    日本マイクロソフト株式会社
    クラウド&AIソリューション事業本部
    セキュリティ統括本部 統括本部長
    高田祐二

    参考

    今後も JBS は、S&J、マイクロソフトをはじめとするパートナーとの強力な連携を通じて、技術革新がもたらす企業・社会の持続的成長に貢献できる企業であり続けたいと考えています。

    • 1 2023年9月付 JBS 調査による
    • 2 SOC とは:Security Operation Center の略。各種セキュリティ装置やネットワーク機器、サーバーの監視や、それらから出力されるログの分析、サイバー攻撃を受けた場合の影響範囲の特定、サイバー攻撃を阻止するためのセキュリティ対策の立案などを行うサービス
    • 3 オンプレミス、クラウドのデータ収集、分析、セキュリティ情報とイベント管理を行えるソリューション

    • Microsoft、Azure、Office 365、Outlook、OneDrive、SharePoint、Microsoft Teams、Teams は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
    • Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
    • 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
    • 本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

    JBS、総合エンタテインメント企業セガサミーへ Azure OpenAI Service の導入によるセキュアな生成 AI 活用を支援

    日常業務のパーソナルアシスタントやクリエイターのコンテンツ開発力強化まで幅広く生成 AI を活用

    日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘、以下「JBS」、証券コード:5036)は、セガサミーホールディングス株式会社 (本社:東京都品川区 代表取締役社長:里見治紀、以下「セガサミー」)の「Microsoft Azure OpenAI Service」導入を支援したことをお知らせします。社内で利用している「Microsoft Teams」をベースとするチャットボット型 UI を実現し、わずか 3か月という短期間でグループ 6000名のユーザーが安全・快適に生成 AI を活用できる環境を導入しました。

    導入の背景

    セガサミーでは、グループ間を横断したデータ活用を推進しており、生成 AI についてもリスクを過剰に恐れることなく積極的に活用しようとしていました。特に、OpenAI が提供する「ChatGPT」をはじめとする生成 AI を、より安全かつ便利に利用できる環境を求める声が多く、そのニーズに応えたいと考えていました。 一方で、オープンな生成 AI サービスを会社の了承なく勝手に業務利用した場合、秘匿情報の漏えいや著作権侵害などを起こしてしまう危険性がありました。たとえば「ChatGPT」に関しても最低限の利用ルールをまとめたガイダンスを作成し、注意を促してきましたが、あわせてシャドー IT を防止する必要がありました。

    JBSの導入支援について

    セガサミーで採用した「Azure OpenAI Service」は、OpenAI が開発した大規模言語モデルを「Microsoft Azure」上の閉域環境で利用できるサービスであり、セキュリティを確保しながら生成 AI を安心・安全に利用できることが導入の決め手でした。パートナーの支援を必要とした背景には、「Azure OpenAI Service」の導入を決定した 2023年3月当時はサービスの情報が少なかったため、支援が必須という状況にあったことが挙げられます。
    その中でセガサミーが JBS に決定したのは、「Microsoft Azure」をはじめマイクロソフト製品に対する高度な知見とノウハウを有しており、これまでの様々な取引を通じて大きな信頼を寄せていたことです。また JBS には先進技術分野を専門に取り扱う組織があり、「Azure OpenAI Service」の情報がほぼない中、生成 AI の知見を持つメンバーが伴走しながら導入を実施できることがポイントで、その結果幅広い分野においてセキュアに生成 AI を活用できる環境を整えることができました。

    今後の展開

    セガサミーでは今後、イントラネット上で保有している社内規定や FAQ などのより広範な情報に対し「Azure OpenAI Service」を活用することで、日常業務全般のさまざまな申請や事務手続きを支援するパーソナルなアシスタントへと生成 AI 活用を発展させていく予定です。また、将来的には生成 AI によって、映像や音声、プログラムコード、シナリオなどの創出活動の省力化・自動化を実現しクリエイターの生産性を高めたいと考えています。JBS はこれからもセガサミーに寄り添い、皆さまの生成 AI 活用を支援してまいります。

    参考

    • Microsoft、Azure、Office 365、Outlook、OneDrive、SharePoint、Microsoft Teams、Teams は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
    • Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
    • 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
    • 本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

    ソリューション

    関連イベント・セミナー

    この画面のトップへ