Microsoft 365 への移行 毎日使うアプリが組織の未来を変える
Microsoft 365毎日使うアプリが組織の未来を変える

ソリューショントップへ

Microsoft Copilot で「仕事」をもっと スマートに

AI アシスタントツール Copilot for Microsoft 365 とは

Copilot for Microsoft 365 とは、さまざまな業務に対してパーソナライズされた支援を提供する、AI を利用したアシスタントツールです。Microsoft Teams、Outlook、Word、Excel、PowerPoint など、毎日使用する Microsoft 365 アプリケーションに組み込まれ、ユーザーの指示で新たなアイデアを提供します。

Copilot for Microsoft 365 導入サポート

Copilot for Microsoft 365 を導入することで、業務の生産性向上が期待できますが、ユーザーとシステム管理者の双方に準備が必要です。ユーザーはまったく新しいツールを使いこなす必要があり、展開しても使われない、という事態を防ぐためには導入時のユーザーサポートが欠かせません。システム管理者にとっては、問い合わせや調査対応などのユーザーサポート業務が増加し、リソース不足が懸念されます。
いますぐ Copilot for Microsoft 365 を活用するために、JBS では「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」と「Copilot NAVI」を用意しています。

Copilot for Microsoft 365 の利用には Copilot for Microsoft 365 のライセンスが必要です。さらに、Microsoft 365 E3 または E5 ライセンスと、Microsoft Entra ID アカウントを保有している必要があります。Copilot for Microsoft 365 のライセンス購入・環境構築については、JBS までお問い合わせください。

Copilot NAVI サービス概要

Copilot NAVI サービスでは、Copilot for Microsoft 365 導入のファーストステップとして、トレーニング動画と概要ドキュメントを提供します。また、オプションで管理者向けの問合せ対応サービス Live Support(技術サポート)も準備しています。

トレーニング動画・概要ドキュメント

  • Copilot for Microsoft 365 アーリープログラムでの JBS 検証実績をいち早く共有
  • Copilot for Microsoft 365 導入ファーストステップのお役立ち情報を掲載

問い合わせ対応(オプション)

管理者向け技術サポート

  • マイクロソフト製品に特化
  • タイムチャージ制のサービス
  • ノウハウ豊富なエンジニアが対応

このようなお悩みはありませんか?

リモートワークの導入など、働き方の変化に合わせて「スピード重視」で対応した結果、単体で導入されたコミュニケーションツールは連携しておらず、社内外から安全に利用するためのセキュリティ対策にも手が回っていないというお悩みはありませんか。
オンプレミス環境のマイクロソフト製品や、他のグループウェア製品と混在型で使用している場合、コスト、運用、セキュリティ面など考慮する事項が多く生じ、生産性向上や業務効率化がなかなか思うように進まないという声を聞きます。

今こそ、クラウド型の包括的なコミュニケーションプラットフォームの導入および利活用の推進が重要です。

オンプレミス環境を利用中、または検討中のお客さま
  • サーバー管理コストがかかる
  • バージョンアップやアップデートが頻繁にあり、運用に手間がかかる
  • 古いシステムのまま運用しているとセキュリティに不安がある
マイクロソフト製品+他のグループウェアを利用中のお客さま
  • 複数のグループウェア製品の組み合わせになるため管理/運用が煩雑である
  • IT ガバナンスが低下する
  • ツール間のデータ連携がうまくいかない
  • ツールにより使い勝手が異なる
  • 問題発生時に切り分けが難しい

Microsoft 365 導入によるメリット

管理/運用コストの削減

管理/運用効率の向上

システム統一による効率化だけでなく、現場主導で生産性向上に活用でき、DX を加速できます。

クラウド型サービスのため、バージョンアップ作業は不要。自動アップデートにより、いつでも最新のアプリを使用することができます。

セキュリティ面向上

セキュリティ面向上

マイクロソフトは、Gartner マジッククアドラントのセキュリティ分野のリーダーに位置付けられました。クラウド型サービスのため、最新のセキュリティアップデートを自動で受けられます。

統合デジタルワークプレイス

統合デジタルワークプレイス

メール、チャット、カレンダー、ミーティングなどのコミュニケーションツールやドキュメント管理など、統一されたインターフェースをもつデジタルワークプレイスとしてデータ連携も容易にできます。時間、場所、デバイスに依存せず、柔軟な働き方に対応できます。

IT ガバナンス向上

IT ガバナンス向上

Microsoft Entra ID を中心とした IDaaS により、ポリシーに準拠したかたちで、ID、デバイス、アプリケーション、データをよりセキュアな環境で管理することができます。

お悩みを解決する Microsoft 365 とは?

Office アプリ、セキュリティ対策、 Windows OS をまとめて利用できる、クラウドベースのサービスです。Office 365、Enterprise Mobility + Security (EMS)、 Windows 11 の 3つのサービスがパッケージ化されています。

従業員と IT に力を与えるインテリジェントで安全なソリューション

Office 365
Office 365

Excel などの Office アプリだけでなく、メールやファイル共有、Web 会議といったグループウェアまで含まれています。マルチデバイス対応なので、いつでも・どこからでも業務が行えます。

Enterprise Mobility +
Security(EMS)
Enterprise Mobility + Security(EMS)

ID 管理に加え、エンドポイントのデバイス管理、きめ細やかなファイルの操作制限や暗号化などの強力な機密情報保護機能を提供。企業のポリシーに合わせて安心してご利用いただけます。

Windows 11
Windows 11

多彩で高機能なセキュリティ対策機能が備わった最新の Windows OS。管理・運用がしやすいように設計されており、展開(インストール)の自動化が可能です。

Microsoft 365 の導入をJBS がサポート

Microsoft 365 の導入を検討中によくあるお悩み TOP3

どこから始めてよいのかわからない
どこから始めてよいのかわからない

現行システムの状況把握を行い、導入計画を立てたいが、何から始めてよいのかわからない。エンドユーザー部門になるべく負担をかけず、予算範囲内で実施したい。

移行の最適な方法が知りたい
移行の最適な方法が知りたい

現行システムでは、マイクロソフト製品とは異なるメールシステムを使っているが、データ移行やメール配信ルート切り替えなど問題なく実施できるかわからない。

導入後の運用に不安がある
移行後の運用に不安がある

新規システム開始後には、エンドユーザーから情シス部門への問い合わせが増えると思われるが、対応できるのか不安がある。

JBS が Microsoft 365 の導入・移行を支援します!

JBS は、これまでの実績から得たノウハウに基づいて導入からアフターサポートまでワンストップでサービスを提供し、お客さまの不安や疑問を解消します。

コンサルティングサービス

長年培ってきたシステム構築/運用のノウハウを活かし、お客さまごとに異なる運用をどのように Microsoft 365 にあてはめていくか、といった検討を一緒に行います。

インテグレーションサービス

ご利用に向けての実作業を行います。Microsoft 365 側の作業だけでなく、自社でお持ちのサーバーに対する作業や、クライアント作業もお手伝いします。

移行サービス

既存環境から Microsoft 365 環境への切り替え作業を実施します。リスクの高いデータ移行、メール配送ルートの切り替え作業等を行います。

ユーザーサポートサービス

スムーズな Microsoft 365 利用開始に向けて、事前にユーザーさまに受けていただく利用者向けトレーニング、利用開始後のユーザー向け窓口サービス、毎月更新型のマニュアルサービスなどの提供を通じて、システム利用開始後の情報システム部門の負担を軽減します。

システム保守サービス

運用開始後の不明点をシステム管理者からお問い合わせいただくための窓口サービスや、定型業務の作業代行サービスなどを、日々変わりゆく Microsoft 365 に追従した形で提供します。

関連導入事例

関連ニュース

JBS、IT サービス業界で日本初となる「Microsoft Copilot for Microsoft 365」全社導入

~約 2,500人の活用事例を活かし生成 AI による業務改革をサポート~

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘、以下「JBS」、証券コード:5036)は、マイクロソフトが法人向けに提供する AI アシスタントツール「Microsoft Copilot for Microsoft 365」(以下、Copilot for Microsoft 365)を日本の IT サービス業界で初めて全社導入したことを発表します。約 2,500名の社員が「Copilot for Microsoft 365」を徹底活用する中で得られるデータやナレッジを”リアルショーケース”としてサービスに反映し、企業の生成 AI 活用レベル向上と、DX 推進に貢献してまいります。既に、契約書チェックや社内からの問い合わせ対応等、特にコーポレート部門の業務において一定の効果が出始めており、人材が不足する中で増え続ける業務や多様化する働き方への対応など、日本企業が抱えている課題の解決につながる手ごたえを感じています。

  • aiイメージ

  • 「Copilot for Microsoft 365」の取り組みと展望

    JBS は、自らの業務改革に向けた AI 活用、またその経験をお客さま向けのサービス・サポートに活かすことを目的として、昨年マイクロソフトが実施した「Copilot for Microsoft 365」の先行検証プログラムに参加しました。いち早くその知見を活かすべく、「Copilot NAVI」や「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」などのオリジナルサービスにまとめ、提供を開始しています。

    これらのサービスは「Copilot for Microsoft 365」を導入したい、また導入したばかりでどのように使い始めてよいかわからないというお客さまに対し、導入~活用初期フェーズをサポートするものとして好評です。一方で真の業務改革のためには、「Copilot for Microsoft 365」をいかに活用するかが重要であり、生成 AI の活用レベルを上げていくための、より具体的なサポートが求められます。

    この度「Copilot for Microsoft 365」の利用を全社に広げ、約 2,500名の活用データや成功事例、フィードバックを収集・分析し、皆さまが「Copilot for Microsoft 365」による業務改革を確実に実現するための利活用サービスに反映したいと考えています。

    なお、このたびのリリースに関して、日本マイクロソフトよりエンドースメントをいただいております。

    日本マイクロソフトは、この度の JBS 様における日本初の「Microsoft Copilot for Microsoft 365」全社導入を歓迎します。マイクロソフトは生成 AI に関する投資を進めており、昨年 11月に企業向けに「Microsoft Copilot for Microsoft 365」を正式にリリースしました。手が届かないと思っていた生成 AI が「Microsoft 365」で活用できるようになったことで、皆さまから大きな期待をお寄せいただいています。一方で、生成 AI を活用して生産性向上を実現していくには、生成 AI が得意なことを理解し、仕事の進め方を改革していくステップが必要です。しかしながら実証された事例に乏しく、どのように進めればよいかわからないといったお声が多いのも事実です。 マイクロソフトの長年のパートナーであり、またユーザーとして「Microsoft 365」の活用にも長けた JBS 様の 2,500名の事例が集まることは大変貴重であると考えております。JBS の皆さまの事例を”リアルショーケース”として、生成 AI による日本社会の課題解決をともに盛り上げてまいりたいと思います。

    ⽇本マイクロソフト株式会社 業務執行役員
    パートナー事業本部 副事業本部長
    エンタープライズパートナー統括本部長
    木村 靖

    ⽇本マイクロソフト株式会社 業務執行役員
    クラウド& AI ソリューション事業本部
    モダンワーク統括本部長
    横須賀 周平

    「Copilot for Microsoft 365」とは

    大規模言語モデルをもとに蓄積されたデータと「Microsoft 365」アプリケーションを組み合わせて、利用者の指示や質問に対して効率的に回答をもたらす生産性向上ツールです。マイクロソフトが ”Your everyday AI companion” と表現するように、私たちが毎日使用する Microsoft Teams や Outlook、Word、Excel、PowerPoint といった「Microsoft 365」アプリケーションに組み込まれており、指示や質問に対してリアルタイムに回答を返すことで、効率的に創造性や生産性の向上を実現できるツールです。

  • 機能イメージ

  • 参考

    JBS の AI の取り組み

    JBS では 2020年より AI 技術の活用促進を目的とした「AI-Lab」の活動に取り組んでいます。日本マイクロソフトやはこだて未来大学と提携し、AI の技術連携、実証実験、活用用途の開発などを通じて、AI 時代をリードするエンジニアの育成と体制づくりを行ってまいりました。早期からの取り組みで得た知見を社内での生成 AI 活用に取り入れ、自らの経験を“リアルショーケース”としてお客さまの課題解決に反映しながら、実証された技術を「アイプリシティ チャット」「Copilot NAVI」などのサービスにまとめ、広く展開しています。”優れたテクノロジーを、親しみやすく” を Mission とする JBS として、”安心して活用できる生成 AI” を皆さまへお届けし、社会の成長に貢献してまいります。

    • Microsoft、Azure、Microsoft 365、Office 365、Outlook、OneDrive、SharePoint、Excel、PowerPoint、Dynamics 365、Microsoft Teams は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
    • Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
    • 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
    • 本リリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

    JBS、GSX が「クラウドセキュリティ診断 for Microsoft 365」を共同提供

    ~多様化するサイバー攻撃に対し世界標準のガイドラインに準拠したサービス~

    日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘、以下「JBS」、証券コード:5036)は、サイバーセキュリティ教育カンパニーであるグローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:青柳史郎、以下「GSX」、証券コード:4417)との協業の第1弾として、CIS ベンチマーク※に準拠したサービス「クラウドセキュリティ診断 for Microsoft 365」を提供開始しました。

    DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展に伴い、外部からのサイバー攻撃が多様化・高度化しています。企業は適切な対策と手段を講じる必要があり、JBS と GSX は、Microsoft 365 の設定状況を診断し、情報漏洩やデータ破壊のリスクに繋がる不適切な設定を特定して、セキュリティ課題の可視化と適切な対策・対象を提供します。

    • CISベンチマーク:米国の CIS (Center For Internet Security) が開発した、情報システムを安全に構成するためのベストプラクティスが記載された世界標準となるガイドラインです。

    背景と課題

    DX の盛り上がりとともに多様化・高度化する外部からのサイバー攻撃に備えて、適切に対策と手段を行っていくことが求められています。DX を推進する上で欠かすことのできないクラウドサービスは、日々機能拡張など進化しており、最新状態へ更新されるたびにリスクを把握し、安全性を確保することが必要不可欠です。また、外部要因のみならず、内部で発生する故意のシステム被害やうっかりミスによる情報漏洩リスクにも備えていかなれければなりません。その一方で、以下のようなお悩みを持つ管理者も多く見られます。

    • 高度化するサイバー攻撃に対し、現状の設定環境で耐えられるかが判らない
    • 日々新しい機能がアップデートしていく中、把握・理解が追い付かない
    • そもそも既存の設定状況が把握できていない
    • セキュリティ知見者が不在、もしくは不足していてセキュリティ面でのチェックができない

    このような企業に対する支援として JBS と GSX は共同でサービス開発・提供することといたしました。JBS と GSX がお客さまに代わり、短期間で Microsoft 365 の設定状況を診断、情報漏洩やデータ破壊のリスクにつながるような不適切な設定を検出し、企業に潜むセキュリティ課題の可視化や、適切な対策・対処をガイドします。

    サービス内容

    ご要望に応じてスタンダードとアドバンスドの 2つのプランをご用意しています。スタンダード版では国内外問わず多くの企業で採用されている CIS ベンチマークを活用し、GSX が現状の把握と分析および対応策を含めた診断結果を作成、提供します。企業が保有するシステムに対し、以下を明確にします。

    • 外部からの攻撃に現行のシステムが耐えられるか
    • 内部犯行による情報の持ち出しができてしまうかどうか
    • 悪意のある行為によるデータ改ざん、破壊に対する復旧ができるのか

    さらにアドバンスド版では、スタンダードメニューにおいて GSX が行った診断結果をもとに、JBS が「Microsoft 365」の利用状況を細かく分析し、対策実施事項と実施の手順を提示し、ディスカッションを通して改善をサポートします。

  • クラウドセキュリティ診断 for Microsoft 365

  • GSX との事業連携によるシナジー

    GSX は、CIS ベンチマークをいち早く取り入れサービスを提供したセキュリティ専門会社であり、セキュリティ診断の実績が豊富です。セキュリティに特化した GSX と、マイクロソフトソリューションに強みを持つ JBS のコラボレーションにより、「Microsoft 365」環境におけるきめこまやかな脆弱性診断と、対策案提示だけに留まらない、運用を踏まえたサポートを提供します。

    なお、この度の共同サービス提供に関して、日本マイクロソフトよりエンドースメントをいただいております。

    この度の JBS 様と GSX 様による「クラウドセキュリティ診断 for Microsoft 365」の共同提供を心より歓迎いたします。業種業態を問わず、あらゆる企業が DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する中では、生産性における課題の解決に注目が行きがちです。しかしながら、変革を行うにはユーザーが安心して日々の業務に取り掛かることのできる環境を整える必要があることを忘れてはなりません。 これまでマイクロソフトの多岐にわたる製品を包括的にお客さまに提供いただいている JBS 様が GSX 様と手を組み、グローバル基準のガイドラインに基づいた脆弱性診断を行い、安全性の確保を支援することで、さらなる「Microsoft 365」環境の利活用が促進されることを期待しております。

    今後も、日本マイクロソフトは JBS 様、GSX 様を始めとする皆さまとの連携を通じて、お客さまのデジタルトランスフォーメーションを実現してまいります。

    日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員
    パートナー事業本部 副事業本部長
    エンタープライズパートナー統括本部長
    木村 靖

    参考

    クラウドセキュリティ診断 for Microsoft 365|JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

    今後も JBS は、マイクロソフトをはじめとするパートナーとの強力な連携を通じて、技術革新がもたらす企業・社会の持続的成長に貢献できる存在を目指してまいります。

    • Microsoft、Azure、Microsoft 365、Dynamics 365 は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
    • Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
    • 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
    • 本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

    リモートサービスデスクと Live Support において Copilot for Microsoft 365 対応メニュー提供開始のお知らせ

    2023/12/22

    お知らせ

    JBS は、ユーザー向け、システム管理者向け、2つのサポートサービスにて「Copilot for Microsoft 365」に関するサポート提供を開始しました。Copilot for Microsoft 365 を活用し業務効率化へ取り組むお客さまを支援します。

    リモートサービスデスク

    Microsoft 365 や Windows OS の使用方法、またトラブル対応などの各種問い合わせ対応業務をお客さまに代わり実施します。問い合わせ件数にあわせて、プランを選べます。

    詳しくはこちら

    Live Support

    各マイクロソフト製品専門のエンジニアがお客さまの要望に合わせて柔軟かつ幅広く支援するタイムチャージ制のサポートサービスです。ミニマム 20時間から、必要な時間を利用できます。

    詳しくはこちら

    詳細は、JBS の担当営業へお問い合わせいただくか、もしくは以下のお問い合わせボタンからお問い合わせください。

    マイクロソフトが提供する AI アシスタントツール 「Microsoft Copilot for Microsoft 365」を導入前にインタラクティブに体験できるワークショップを JBS がリリース

    日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘、以下「JBS」、証券コード:5036)は、マイクロソフトが 2023年11月1日に法人向けに提供開始した AI アシスタントツールである 「Microsoft Copilot for Microsoft 365(以下、Copilot for Microsoft 365)」を導入前に体験できるサービス「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」を 2023年12月14日にリリースしました。

    本ワークショップに参加することで、業務シナリオや具体的な課題に沿って、「Copilot for Microsoft 365」を活用する上で重要となる指示・質問(=プロンプト)の工夫や、導入メリットが得られやすい会議での活用やメールの要約やドラフト作成機能などを体験することが可能です。「Copilot for Microsoft 365」の最新のアップデート情報を踏まえ、参加者と講師が一方的なセミナー形式ではなく、インタラクティブにコミュニケーションを行いながら、具体的な利用シーンや画面イメージを確認できることが特徴です。

    なお JBS は、先行して実施された「Copilot for Microsoft 365」の検証に 8月より参加し、社員が実業務に 「Copilot for Microsoft 365」を活用するなど、技術的な検証を重ねた経験から得た学びをこのたびの「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」にまとめています。

  •  マイクロソフトが提供する AI アシスタントツール 「Copilot for Microsoft 365」 を導入前にインタラクティブに体験できるワークショップを JBS がリリース

  • 「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」開発の背景

    JBS は 2023年1月にマイクロソフトよりリリースされた「Azure OpenAI Service」をベースとし、セガサミーホールディングス等の生成 AI 活用支援や、安心安全・セキュアに「ChatGPT」を利用するためのサービス「アイプリシティ チャット Powered by ChatGPT API」の提供を通じて、皆さまが AI を身近に感じ、活用~定着するための支援をしてまいりました。2023年11月16日には、「Copilot for Microsoft 365」導入のファーストステップを支援するトレーニング・教育のコンテンツを動画と概要資料にまとめた導入支援サービス「Copilot NAVI」をリリースし、「Copilot の歩き方」や Tips、「ゴールデンプロンプト集」などを提供しています。既に多くの企業より先行予約をお申込みいただき、数万人規模の企業への導入実績も出ています。

    一方で、「Copilot for Microsoft 365」にご興味を持つ企業の皆さまから、「Copilot for Microsoft 365」を活用すると、どのように生産性や業務効率向上を実現できるかを実際の画面を確認しながら体験したい、対話しながらユースケースのヒントを得たいというお声をいただきました。そこで、導入前の体験を可能にするため「Copilot for Microsoft 365」関連サービスの第 2弾として「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」をリリースすることといたしました。
    このワークショップを通じて、皆さまが具体的な「Copilot for Microsoft 365」の価値を実感し、導入時の社内展開をスムーズに行うためのヒントを提供したいと考えています。

    今後も JBS は、マイクロソフトをはじめとするパートナーとの強力な連携を通じて、技術革新がもたらす企業・社会の持続的成長に貢献できる企業であり続けたいと考えています。

    「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」情報

    • サービス名: アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot
    • サービス概要: 導入検討企業向けの体験型ワークショップ(JBS のデモ環境にて提供)
      各回 1社限定 3名まで、120分を想定
    • 提供価格: ¥ 320,000(税抜)
    • サービスリリース: 2023年12月14日
    • 詳細はこちらをご覧ください。

    「アドバイザリーワークショップ for Microsoft Copilot」のお申し込み

    参考:「Copilot NAVI」について

    参考:JBS の生成 AI 事例

    参考:JBS の AI の取り組み

    JBS では 2020年より AI 技術の活用促進を目的とした「AI-Lab」の活動に取り組んでいます。日本マイクロソフトやはこだて未来大学と提携し、AI の技術連携、実証実験、活用用途の開発などを通じて、AI 時代をリードするエンジニアの育成と体制づくりを行ってまいりました。早期からの取り組みで得た知見を社内での生成 AI 活用に取り入れ、自らの経験を“リアルショーケース”としてお客さまの課題解決に反映しながら、実証された技術を「アイプリシティ チャット」などのサービスにまとめ、広く展開しています。”優れたテクノロジーを、親しみやすく”を Mission とする JBS として、”安心して活用できる生成 AI”を皆さまへお届けし、社会の成長に貢献してまいります。

    • Microsoft、Azure、Microsoft 365、Outlook、Microsoft Teams、Excel、PowerPoint、Dynamics 365は、米国Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
    • Microsoft 365 は、Microsoft Corporation が提供するサービスの名称です。
    • 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
    • 本リリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

    マネージドバックアップ for Microsoft 365 提供開始

    JBS は「マネージドバックアップ for Microsoft 365」の提供を開始しました。

    大切な業務データを手軽に保管!Microsoft 365 テナント内に保存したデータのバックアップ、リストア設定や日常のバックアップ運用、問い合わせサポートを行います。

    詳細は下記のページをご覧ください。

    マネージドバックアップ for Microsoft 365

    マネージドセキュリティ for Microsoft 365 提供開始

    JBS は「マネージドセキュリティ for Microsoft 365」の提供を開始しました。

    Microsoft 365 E5 Security で実施されているアラートの監視や対応を支援するだけでなく、お客さまのシステム環境に対する攻撃傾向を踏まえた対策の見直し提案など、全体的にお客さまを支援することで、サイバー攻撃に関連するさまざまな問題を解消します。

    詳細は下記のページをご覧ください。

    ソリューション

    この画面のトップへ