Microsoft Azure のセキュリティ対策もスタートダッシュ!

スマートスタート for Microsoft Azure Security

Microsoft Azure(以下、Azure)のセキュリティ対策をどこからどう始めるか、お悩みのお客さま向けのサービスです。高度化するサイバー攻撃に対応する最先端の脅威検知、保護機能を実装し、安心安全なクラウド環境を実現します。

戻る

サービス概要

Azure に存在する「ID に対する脅威」「クラウド基盤に対する脅威」「リソースに対する脅威」を検知し防御する、 Azure セキュリティソリュー ションの導入・運用を短期間で実現する構築サービスです。

  • サービス概要

  • サービスメリット

    JBS の構築・運用実績に基づくベストプラクティス設計で、各種 Azure セキュリティソリューションをお客さま環境に最適な設計で実装します。さらに運用時に安心なマニュアル付属で提供します。

    実績のある設計
    実績のある設計

    JBS の豊富な Azure 導入・運用実績から導き出したベストプラクティス設計(※1)をベースに、お客さま環境に最適な設計で実装します。

    すぐに利用可能
    すぐに利用可能

    ヒアリングシートにお答えいただいてから最短 3 週間(※2)で構築・テストが完了し、 すぐに利用できます。

    運用手順書の提供
    運用手順書の提供

    運用に必要な手順を網羅したマニュアルをもとに、お客さま自身で引き渡し後すぐに運用をおこなうことができます。

    • 1 マイクロソフトコーポレーション、日本マイクロソフトの公開情報及びJBS知見に基づき、推奨される保護機能の実装を範囲としたテンプレート設計を指します。
    • 2 Microsoft Defender for Servers プラン 1 導入時の標準的な所要期間です。利用する製品、既存環境により所要期間が前後する場合があります。

    こんなお客さまにおすすめ

    オンプレミスにあるシステムを
    Azure に移行した、これから移行する
    Azure を活用している
    Azure のセキュリティ対策に
    不安を感じている

    利用までの流れ

    1.提案と見積もり

    提案と見積もり

    サービス説明会、ソリューション選定および試算
    1. Azure の既存構成・使用状況・要件をヒアリング
    2. 本サービスが利用可能かどうかを確認し、利用料を試算

    2.実装作業

    実装作業

    作業日時調整とパラメータ設計
    1. 作業日時の調整と要件を元にパラメータ設計
    2. 詳細なヒアリングシートで、設計に必要な要件を確認

    3.利用環境とマニュアルの提供

    利用環境とマニュアルの提供

    利用開始と運用手順書の提供など
    1. 構築後の環境、運用手順書などを引き渡し
    2. 実際に製品を利用して必要に応じた機能の調整
    3. モニタリング期間を経てプロジェクトを完了
    • サービスの詳細については、お問い合わせください。JBS と既に取引のあるお客さまは、担当営業までご連絡ください。

    価格(税抜)

    Azure セキュリティソリューションを個別に実装する単体メニューと、特定のサービスやリソースを守るために必要なソリューション群を実装するシナリオメニューの2 種類を用意しています。

    メニュー 対象ソリューション 価格
    単体提供 Microsoft Defender for Cloud - Defender CSPM ¥ 300,000 -
    Microsoft Defender for Servers プラン1 ¥ 950,000 -
    Microsoft Defender for Servers プラン2 ¥ 1,500,000 -
    Microsoft Entra ID プラン2(IdP /PIM /条件付きアクセスポリシー) ¥ 1,800,000 -
    Microsoft Defender for Storage 他 PaaS 向け保護製品 ¥ 200,000 -
    シナリオ提供 Azure Virtual Desktop セキュリティ強化シナリオ ¥ 3,000,000 -
    Azure あんしんシナリオ ¥ 4,500,000 -

    前提条件

    • Azure テナントを保有している必要があります。
    • JBS 作業用の管理者アカウントが必要です。
    • 本サービスで導入するソリューションは保護対象リソースの数、利用機能に応じて別途 Azure 利用料金が発生します。

    関連ソリューション

    この画面のトップへ