手間がかからない Azure 移行を

クラウドマイグレーション for Microsoft Azure

既存環境にあるサーバーを Microsoft Azure(以下、Azure) へ JBS が移行します。Azure 導入を成功に導くフレームワークである Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure(以下、CAF)を活用して移行を進めるため、安心して Azure を利用し始めることができます。

戻る

サービス概要

物理サーバー、または仮想基盤(Hyper-V / VMware)上にある Windows / Linux サーバーを Azure へ移行するサービスです。
移行先の Azure 環境(仮想 ネットワークや ExpressRoute など)の設計・構築、移行後の運用まで実施します。

  • サービス概要

  • サービスメリット

    フレームワークを活用しプロセス化した進め方により、お客さまの手間を減らしつつ着実に Azure 環境へ切り替えることができます。

    すぐにAzure を使える
    すぐにAzure を使える

    移行先となる Azure 基盤の要件確認から設計・構築、計画・移行までを短期間で実施するため、すぐに Azure を利用できます。

    安心して使える
    安心して使える

    CAF を考慮した設計に、JBS のベースラインとなる設計を組み込むことで抜け漏れを防止しているため、安心して Azure を利用できます。

    運用に困らない
    運用に困らない

    QA 対応やシステムの稼働状況に合わせたコスト管理などを行う運用サービスが付帯するため、Azure 環境へ移行した後も困ることなく運用を開始できます。

    サービス詳細説明

    お客さまの負荷を最小限にしたスムーズな導入

    要件定義から基盤設計・構築・テスト計画など、フェーズ毎に必要なドキュメントを定型化し利用する順番や流れを明確にすることで、お客さまへのヒアリング項目を最小限に抑えたスムーズな導入を行います。

    お客さまの負荷を最小限にしたスムーズな導入

    ポイントをおさえた安心な Azure 環境

    Azure 基盤設計のフレームワークとなる「Cloud Adoption Framework」と「Well-Architected Framework」に加え、利便性・柔軟性・管理性などのクラウドだからこそ考慮すべきポイントをおさえた「JBS オリジナルの設計ドキュメント」を組み合わせて設計することで、安心・安全な環境を提供します。

    ポイントをおさえた安心な Azure 環境

    3か月の運用付き

    Azure 環境への移行後はユーザーからの問い合わせ対応や保守などの運用体制が必須です。特に運用開始直後は問い合わせの数が増加しやすいため、利用開始後も安心できる 3か月間の運用を提供します。

    3か月の運用付き

    価格(税抜)

    設計・構築と計画・移行、運用(3か月)を含めた参考価格は以下の通りです。
    構築する Azure 環境の規模や移行先の環境構築有無、移行するサーバーの台数によって価格は変動します。

    項目 参考移行台数 参考価格
    Azure 移行一式
    (設計・構築、計画・移行、運用)
    50 台 ¥ 20,000,000 ~
    100 台 ¥ 35,000,000 ~
    • 設計・構築と計画・移行を合わせた期間の目安は、移行台数が 50台の場合は約 4か月、100台の場合は約 7か月です。
    • Azure 環境へのサーバー移行が完了した後、JBS による 3か月間の運用を行います。

    前提条件

    • Azure のサブスクリプションを保有している必要があります。
      サブスクリプションをお持ちでない場合は、JBS 経由で契約することもできます。
    • JBS が提供する Azure Lift & Shift 適合性アセスメントサービスをご利用されたお客さまを対象としています。
    • 物理サーバー、または仮想基盤(Hyper-V / VMwere)からの移行となります。
    • Azure 環境への移行ツールとして Azure Migrate を使用します。
    • アプリケーションの動作確認(テスト)作業は対象外となります。

    関連ソリューション

    この画面のトップへ