JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

インフォメーション

インフォメーション

プレスリリース 2022.06.09

JBS、集英社のデータ分析基盤を構築し、DX に向けた土台作りを支援
Azure Synapse と Power BI によりサイロ化した売上データの民主化を実現

日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:牧田幸弘 以下、JBS)は、株式会社集英社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:廣野 眞一 以下、集英社)に対し、Azure Synapse Analytics (以下、Azure Synapse)と Microsoft Power BI(以下、Power BI)を活用したデータ分析基盤を導入した事例を公開しました。この取り組みは、株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:大山 俊哉 以下、ADKマーケティング・ソリューションズ)と共同で支援しました。事例の詳細は JBS ウェブサイトで公開しています。

集英社 ADK JBS

昨今、紙の出版物にとどまらず、デジタルコンテンツの配信やイベント、物販まで提供している集英社では、国内外多岐に亘る販売データのサイロ化が課題となっていました。そこで、誰でも必要な時に必要な切り口で情報が取得できるデータ分析基盤の導入を目指し、JBS は提案から PoC、設計、構築、運用サポートを提供しました。
今回の取り組みは、ユーザー部門主導の企画開発で、リリース後の運用は集英社で内製化する方針でした。そのため、JBS はスキルトランスファーをしながら構築から運用までを支援しました。
また、データ分析基盤を導入した結果、以下の効果が得られました。

  • より正確かつリアルタイムに売り上げデータを把握
  • 業務の処理スピードや生産性の向上
  • 人為的なミスの大幅な削減
  • システム運用における人的負荷やコストの軽減
  • システム標準化によるコンプライアンスやガバナンスの強化

詳しくは以下よりご覧下さい。
ユーザー部門主導でデータ分析基盤を構築 誰でも必要な時に必要なデータの取得が可能に

本事例は、6/16(木)の JBS 主催のオンラインセミナー「DX Shift 2022」のお客さまパネルディスカッションにて紹介します。
申し込みページ

今後も JBS は、マイクロソフトをはじめとするパートナーとの強力な連携を通じて、技術革新がもたらす企業・社会の持続的成長に貢献できる存在を目指してまいります。

  • 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
  • 本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ


to top