JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

導入事例

Windows Virtual Desktop 導入事例

アイペットホールディングス株式会社

ゼロトラスト思想で Azure AD 連携と Windows Virtual Desktop を活用したリモートアクセス環境を 1か月半で導入

Windows Virtual Desktop 導入事例 アイペットホールディングス株式会社
業種 金融・保険
お客様の課題 企画・計画の支援
導入コスト削減
運用コスト削減
クラウドの活用
セキュリティ強化
Microsoft Azure の起動と終了をコントロールする JBS のツールを活用し
Windows Virtual Desktop の利用コストを最適化

ペット保険事業を展開するアイペット損害保険株式会社の純粋持ち株会社、アイペットホールディングス株式会社(以下、アイペットホールディングス)では、グループ会社と同社を兼務する社員が、業務分離の観点からスムーズかつセキュアに両社のシステムを利用できるよう Windows Virtual Desktop (以下、WVD)を導入。リモートアクセス環境を実現しました。
※ Windows Virtual Desktop は 2021年6月より Azure Virtual Desktop に名称変更

【会社概要】
ペットと人とが共に健やかに暮らせる社会を目指す「アイペットホールディングス」

アイペットホールディングス株式会社 情報システム部 シニアリーダー 川村 泰人氏
アイペットホールディングス株式会社
情報システム部 シニアリーダー 川村 泰人氏

アイペットホールディングスについてご紹介ください。

アイペットホールディングスは、アイペット損害保険株式会社(以下、アイペット損害保険)の持ち株会社体制への移行にともない設立された純粋持ち株会社(完全親会社)です。

母体となるアイペット損害保険は 2004年の創業以来、ペット保険専業としてお客さまが抱える“うちの子”の病気やケガに対する不安や経済的負担を軽減することを第一の存在意義とし、ペットと人とが共に健やかに暮らせる社会の実現を目指して、ペット保険の普及に努めてきました。2018年には東証マザーズへの上場を果たしています。

2020年10月に、アイペット損害保険が少額短期保険会社であるペッツファースト少額短期保険株式会社(以下、ペッツファースト少額短期保険)を子会社化し、ペットについての困りごとを専門家にいつでも相談できるサービスを展開する「ペッツオーライ株式会社」とともに、 4社でアイペットグループを形成しています。

アイペット損害保険では、お客さまのニーズに合わせて、犬・猫向けに通院から入院・手術まで幅広くカバーした安心のペット医療費用保険「うちの子」、そして、手術と手術を含む連続した入院に補償を限定し、保険料を抑えたペット手術費用保険「うちの子ライト」という 2つのタイプの主軸となる商品に加え、ペットショップ代理店でのペットのお迎え時における限定商品として「うちの子プラス」と、うさぎ、フェレット、鳥などのペットための「うちの子キュート」もご用意しています。

おかげさまで、2021年1月時点で保有契約件数は 60万件を超え、ペット保険継続率は約 90%と業界トップクラスの評価をいただいています。

私たちアイペットグループは、ペットの家族化が浸透する日本において、中核となるペット保険事業を足掛かりに、ペットと人とが共に暮らし続けるためのさまざまな社会的課題に対し、グループシナジーによる新しい価値の創出を通じて、すべてのペットとペットオーナーさまが健やかに暮らせる社会づくりに貢献することを目指しています。

【導入背景】
持ち株会社と事業会社、両社のシステムを 1台の PC から利用できるようリモートアクセス環境を導入

アイペットホールディングス株式会社 情報システム部 シニアリーダー 川村 泰人氏
アイペットホールディングス株式会社
情報システム部 シニアリーダー 川村 泰人氏

アイペットホールディングスにおいてリモートアクセス環境を導入した背景を教えてください。

アイペットホールディングスの社員は、全員がアイペット損害保険をはじめとするグループ会社と兼務しています。そのため、各自が所属しているグループ会社とアイペットホールディングス、 2社のシステムを利用しなければなりません。

グループでシステムを共同利用するという考え方もあるかもしれませんが、グループ会社であるアイペット損害保険は、損害保険会社としてお客さまからお預かりした重要な契約情報や金融業務に関する情報などを適切に管理・運用しなければなりませんので、業務分離の観点から両社のシステム環境を完全に分離する必要があります。

そのため、本来であれば両社のシステム用に異なる PC を配布して利用してもらうのですが、そのような煩雑な状況を避けるために仮想デスクトップによるリモートアクセス環境を導入しました。

VPN による各システムへのアクセスなどは検討しなかったのでしょうか。

アイペットホールディングスでは、クラウドファーストでのシステム利用を前提としており、ゼロトラスト思想でシステムを設計しています。そのため、DaaS の導入を最優先に検討を進めました。一度社内システムへのウイルス侵入を許すと、広範囲に影響が出やすい境界型の VPN によるリモートアクセス環境は、当初から頭の中にはありませんでした。

【選定理由】
無駄がなくシンプルで安心感のある JBS からの提案を採用

WVD の導入を検討した経緯を教えてください。

 
2021年6月30日公開

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top