JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

導入事例

システム化構想・計画策定支援サービス導入事例

株式会社NEXTAGE GROUP

経営課題を分析し最適な IT 解決策を立案 投資対効果の高い ERP システム構築を実現

システム化構想・計画策定支援サービス導入事例 株式会社NEXTAGE GROUP
業種 流通・サービス・公共・その他
導入
ソリューション
システム化構想・計画策定支援サービス
フェーズ 分析・企画
お客様の課題 企画・計画の支援
経営分析
クラウドの活用
業務効率化
業務の可視化
導入製品・
サービス
Dynamics 365 for Finance & Operations により受注から販売・売上、会計までの業務を一元化

直近 3年間の売上伸長率は平均 13% 以上。住宅リフォーム事業を主軸に、ヘルスケア事業など、多面的に事業を展開する株式会社NEXTAGE GROUP(以下、NEXTAGE GROUP)では、JBS の豊富な経験とナレッジが集約された「システム化構想・計画策定支援サービス」を活用しサイロ化していた基幹システムを刷新。ERP ソリューション「Microsoft Dynamics 365 for Finance & Operations(以下、FO)」の導入による業務変革を実践しました。

【利用状況】
一連の業務を管理・運用する FO をグループ全社に展開

(左から)株式会社NEXTAGE GROUP 代表取締役社長 佐々木 洋寧氏、専務取締役 篠田 基茂氏、情報セキュリティ課 システムエンジニア 竹内 玄哉氏
(左から)株式会社NEXTAGE GROUP 代表取締役社長
佐々木 洋寧氏、専務取締役 篠田 基茂氏、
情報セキュリティ課 システムエンジニア 竹内 玄哉氏

NEXTAGE GROUP における FO の利用状況を教えてください。

NEXTAGE GROUP では基幹システムを刷新するにあたり、FO を採用しました。現在、グループ 5社のうち 2社での利用を開始しており、順次、残りの 3社にも横展開していく予定です。

具体的に、どのような業務に適用しているのでしょうか。

リフォームなどの受注から販売・売上管理、最終的には会計までの一連の業務プロセスを一元的に管理・運用するために、FO 上に構築したビジネス アプリケーションを利用しています。

今後さらに、Microsoft Power Platform を基盤とした SFA(Sales Force Automation、営業支援)機能を導入し、受注までの顧客管理や案件管理、活動管理といった業務を展開する計画をしています。

JBS が担当した業務を教えてください。

JBS からは、システム導入の前段階として、「システム化構想・計画策定支援サービス」を受けました。その結果みえてきた課題を解決する手段として、採用を決めた FO の導入・構築、およびビジネスアプリケーションの開発、また導入後のサポートも依頼しています。

「システム化構想・計画策定支援サービス」で受けた具体的な支援は次の通りです。

  • 現場および経営者へのヒアリングによる経営/業務/システム課題の分析・可視化
  • 経営/業務/システム課題の解決策の立案
  • 具体的なシステム化の構想と投資対効果の算出、ロードマップの策定
「システム化構想・計画策定支援サービス」のサービスフロー
「システム化構想・計画策定支援サービス」のサービスフロー

【導入背景】
経営課題から現状の課題を分析・可視化し、最適な解決策を策定

株式会社NEXTAGE GROUP 代表取締役社長 佐々木 洋寧氏
株式会社NEXTAGE GROUP
代表取締役社長 佐々木 洋寧氏

なぜ、基幹システムの刷新にあたり、「システム化構想・計画策定支援サービス」を利用したのでしょうか。

 
2021年9月3日公開

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top