JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

サービスデスク ナレッジ活用トータルサポート

サービスデスク ナレッジ活用トータルサポート

the Matrix

社内に埋もれていた知識や情報をナレッジとして活かし、自己解決力を向上します。
それにより、個人から会社全体の意識改革を促進し、生産性や競争力を高め、ビジネスバリューアップにつなげます。

PICK UP

JBS は ServiceNow でお問い合わせやナレッジを一元管理

JBS は ServiceNow でお問い合わせやナレッジを一元管理

ServiceNow の Customer Service Management は問い合わせ起票・対応・管理・ナレッジ運用まで包括的な対応が可能です。JBS は ServiceNow をサービスデスクで採用し、お客さまへ迅速かつ正確な回答をお届けすることで可視化と自動化のベストプラクティスを実現します。

詳細はこちら:Customer Service Management (CSM) | ServiceNow
ServiceNow 導入事例 日本ビジネスシステムズ株式会社

サービス概要

ServiceNow (※1) の基盤と KCS(ナレッジセンターサービス ※2) フレームワークの理論を基にお問合せをナレッジ化するサービスです。蓄積したナレッジを活用することで、更なる企業価値を向上させます。

  • ServiceNow のインシデント管理システムと、JBS がもつ豊富なナレッジ活用のノウハウを併せたサポート
  • ナレッジ管理についてのシステムから運用までをトータルサポート
  • JBS の知見を活かしたデータ分析と課題解決のためのプロアクティブなサポート
  • 1 ITSM アプリケーションをはじめとする各種アプリケーション、プラットフォームを SaaS / PaaS で提供するIT プロバイダーであり、製品名でもあります。KCS フレームワークを取り入れたアプリケーションであるため、当サービスの基盤として採用しています。
  • 2 歴史と信頼性のある、ナレッジマネージメントのフレームワークの 1 つです。

自己解決力向上による、解決時間の短縮、問合せ削減を実現

KCS メソッド

初期
ナレッジ ポータル提供

  • ServiceNow ポータルの提供
  • ナレッジベースの提供
  • 既存インシデントログからのナレッジ作成
  • 検索フォームの提供
  • ナレッジ作成テンプレートの提供
  • ナレッジ活用方法の提供
icon
 

定常
ナレッジ 作成/修正

  • 問合せからのナレッジ作成/ 修正/ 削除
  • 検索ワードデータ化
icon
 

月次
分析・対応・報告

  • 分析レポートの提供
  • アクセス数分析
  • 顧客満足度調査実施
  • 検索ワード分析
  • ナレッジ検索数分析
  • 分析結果反映
  • 対策の提案
  • 運用・名称変更に伴う一括更新
  • 検索ワード上位レポートの提供
  • ナレッジ件数推移の提供

こんなお客さまにおすすめ

効率化や生産性向上を実現したいが、なかなか成果がでない。
最新のツールを導入したが、社員は使いこなせているんだろうか︖
IT への投資が増加しているが、果たして適切な金額なんだろうか︖

サービスデスク ナレッジ活用トータルサポートで解決︕

サービスデスク ナレッジ活用トータルサポートで解決
問合せ情報のナレッジ化と
活用で問題解決をスマートに
問合せ情報のナレッジ化と活用で 問題解決をスマートに 

問合せに費やしていた時間を、自己解決することで問題解決をスマートに。大切な時間を有効活用し、生産性を向上できます。
例)1人当たり 10min / 月 短縮できると
→ 1000人なら 10,000h / 月
≒ 約 166h の削減効果︕

情報の最適化で
IT リテラシー向上
情報の最適化で IT リテラシー向上 

問合わせ情報はナレッジとして可視化し有効に活用することで、必要な情報を必要な時にすぐ入手することができます。新しいツールも適切な情報があれば、十分に利活用できます。

脱「問合せ」文化で
コスト削減
脱「問合せ」文化で コスト削減 

ユーザーが自己解決できる環境が整えば、問合せが削減し、問合せ対応に要したコストが削減できます。
例)1,000件 / 月 1年で 5割削減できると
→ 1年後から毎月 357万円の削減効果︕

利用までの流れ

お客さまの環境や問合せ状況を明確にした上でサービスの利用開始となります。

利用までの流れ 

価格表(税抜)

初期費用

実績直近 1か月分のお問合せ過去ログをナレッジ化する費用です。

お問合せ過去ログ件数(月) 費用
1 ~ 300件 ¥ 600,000
301 ~ 500件 ¥ 1,000,000
501 ~ 1,000件 ¥ 1,800,000
1,001 ~ 2,000件 ¥ 3,400,000
2,001件 ¥ 3,400,000
  • Office 365 を新規導入される場合、初期費用は必要ありません。
  • ログのすべてをナレッジ化するものではありません。
    重複・利用不可を除いたログが対象となります。

サービスプラン

利用規模に応じてお客さまに最適なプランをご選択ください。

契約件数(月) 月額費用
~ 500件(25件/ 日) ¥ 990,000
501 ~ 1,000件(50件/ 日) ¥ 1,800,000
1,001 ~ 2,000件(100件/ 日) ¥ 3,600,000
2,001件以上 個別相談
  • 最低契約期間は 6か月です。
  • 1か月前までに申し出がない場合、3か月毎の自動更新となります。
  • 月中でのご契約の場合でも基本月額費用を申し受けます。

前提条件

  • 本サービスの契約には、JBS が提供する「リモートサービスデスク」500件以上の契約が必須となります。
  • 本サービスは JBS が提供するインシデント管理システム( ServiceNow )上のみの利用となります。
  • 本サービスの対象は、Office 365、Windows 10 のみとなります。
  • 対応言語は日本語のみです。
  • 実績で過去直近 1か月分のお問合せログを提供いただきます。
  • ナレッジ化対象は Office 365、Windows 10 のみとなります。
  • 過去のお問合せログが 2,000件を超える場合は、別途相談となります。
  • Azure AD にて SSO 認証が有効化されている必要があります。
  • サービス提供のため、JBS に必要なアカウントを貸与いただきます。
  • Office 365、Windows 10 のお問合せが 2,000件/ 月を超える場合は、別途相談となります。
  • ServiceNow, ServiceNow のロゴ、Now、その他の ServiceNow マークは米国および/またはその他の国における ServiceNow, Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名と製品名は、関連する各会社の商標である可能性があります。
the MATRIX 紹介コンテンツへ

JBS の ”the MATRIX” とは、JBS がお客さまのイノベーションパートナーとして、デジタルトランスフォーメーションを実現するサブスクリプション型ソリューションの総称です。

“the MATRIX“ は、企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するため、
“People” × “Agility” = “Digital Transformation” をコンセプトに、IT 資産のクラウド化、ビジネスのスピードアップ、リソースの最適化を実現する IT サービスを提供します。

関連ソリューション:the MATRIX へ

関連事例

導入事例一覧

サービスデスク導入事例
花王株式会社
サービスデスクにおけるナレッジを集約・構造化・統合し、自己解決を実現する汎用基盤として活用
続きを読む
サービスデスク導入事例 花王株式会社
ServiceNow 導入事例
日本ビジネスシステムズ株式会社
JBS のナレッジ・マネジメントで見えた カスタマーサポートの新しい姿
続きを読む
ServiceNow 導入事例 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top