ノックスが JBS における Varonis DatAdvantage 導入事例を公開

2016.11.25

導入事例

株式会社ノックス(以下、ノックス)が、JBS における Varonis DatAdvantage(以下、DatAdvantage) の導入事例を公開しました。
DatAdvantage は組織内に存在する複数のシステムのアクセス権を 1画面で簡単に管理することができるソリューションです。

JBS では設立以来利用されてきた社内ファイルサーバが増大・複雑化し、ファイルやフォルダへのアクセス権やアクセス履歴の管理をイベントビューアー等で行う作業に限界が近づいていました。さらに JBS は ISMS 認証やプライバシーマークを取得しており、情報資産や顧客情報の管理を徹底する上での潜在的なリスクを排除するためファイルサーバ管理に本格的に取り組む機運が高まったこともあり、アクセス管理のための最適なソリューションとして DatAdvantage の導入を選択しました。

DatAdvantage の導入前にはアクセス権の確認だけで 10日から 2週間を要していましたが、導入後にはアクセス権の確認に加えて分析までもが一瞬で完了できるようになり、大幅に運用コストが削減されました。また、ユーザーのファイルサーバ利用動向も把握できるようになり、インシデントレスポンスの観点での社内管理体制が整いました。

今後、JBS は DatAdvantage を導入・利用しているノウハウを活用し、お客さまに対してより付加価値の高いソリューションとして DatAdvantage を提供できる体制を整えてまいります。

関連導入事例

この画面のトップへ