JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

インフォメーション

インフォメーション

メディア掲載 2016.12.22

@IT にて、OMS を用いてクラウド環境・オンプレミス環境を統合的に管理する秘訣を JBS が紹介

アイティメディア株式会社が運営する @IT にて、『“初めてのクラウド”は運用管理から始めてみよう ― Microsoft Operations Management Suite による最先端の運用管理実践を JBS がトータルサポート』と題した記事が12月22日付で掲載されました。

掲載記事はこちら

この記事では、どのようにクラウドを導入すべきか悩む IT 担当者や経営者の方に向けて、クラウドサービスはもちろんオンプレミスシステムも統合的に管理できる Microsoft Operations Management Suite(以下、OMS)の優位性と使いどころを、JBS パートナーアライアンス本部 クラウドアライアンス開発部長 胡田 昌彦(Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management)とシステムインテグレーション統括本部 マネージドサービス本部 マネージドサービスセンター テクニカルマネージャー 児島 祐紀の2名が説明しています。

【OMS 導入によるメリット】

  • Windows だけではなく、他社の OS やクラウド基盤等(Linux, UNIX, VMware など)も管理対象にできる
  • オンプレミスの運用基盤と比較して非常に、簡単に高度なログ分析ができる
  • OMS に含まれる「サービスマップ」ソリューションを用いて、サーバやネットワークのつながりを可視化するだけでなく、サービス同士のつながりや連携を可視化できる
  • OMS に含まれる「アップデートマネジメント」でシステム上のバグフィックスやセキュリティアップデートの自動的なチェックが可能で、場合によっては自動アップデート作業もできる

無償で体験できるライセンスが用意されている OMS ですが、その機能や効果を深く体験したいお客様にはJBS の「Ambient Office OMS PoC サービス」がおすすめです。

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top