キャンペーン

他社に先駆け成長するためのデジタル・トランスフォーメーションの進め方

他社に先駆け成長するためのデジタル・トランスフォーメーションの進め方

IoT(Internet of Things)や AI がいよいよ本格的な活用段階になってきました。IoT や AI 活用によるデジタル・トランスフォーメーション(DX)は、さまざまな既存ビジネスモデルを脅かすデジタル・ディスラプション(破壊的イノベーション)を引き起こし、現在多くの企業が変革を迫られています。
DX は単なるバズワードから、今後、企業が成長・競争優位性を実現するための課題として注目を集めています。同時に、DX の推進を阻害する「2025年の崖」と呼ばれるレガシーシステム問題が大きな経営課題としてクローズアップされています。DX に取り組むためにレガシーシステム問題は避けて通れない喫緊の課題です。
本稿では、課題解決に向けた DX への取り組み方と次世代ICT基盤のあり方を解説していきます。

関連資料(ホワイトペーパー)ダウンロードはこちら

HPE GreenLake フレックスキャパシティ

経済を席巻するデジタル・ディスラプション、2025年に迎えるレガシー問題にどう向き合うか

経済を席巻するデジタル・ディスラプション、 2025年に迎えるレガシー問題にどう向き合うか

現在、デジタルとデータの活用に成功した企業が大きな成長を遂げ、企業の成長にとってデジタルとデータの活用が重要な条件となる変革の時期であるといえます。

国内でも DX 推進を本格的に検討する企業が多くなってきました。しかし、既存システムが老朽化・複雑化する中では、新しいデジタル技術を導入したとしても、データの利活用・連携が限定的であるため、その効果も限定的となってしまうといった問題が指摘されています。経済産業省の統計によると、国内企業における IT 予算の 80% 以上が「技術的負債」と呼ばれるレガシーシステムの維持・運用に割かれており、結果として将来に向けた戦略的な投資に対する余裕がない状況がうかがえます。

またレガシーシステムは、アジリティ(経営や組織運営における機敏性)を求められる DX の推進を阻害する要因にもなっているようです。つまり、レガシーシステムの解消、最適化が、将来に向けた経営的な基礎を固め、飛躍につながる可能性を秘めたキーポイントであると言えます。

約8割の企業がレガシーシステムを抱えている

競争優位性を確立するために、早期にレガシーな既存システムの大きな問題点であるブラックボックス化やサイロ化を解消し、DX に適したシステムへ刷新することが必要不可欠であると、2018年9月に経済産業省が発行した 『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服と DX の本格的な展開~』のなかでも解説されています。

経済産業省 DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~

方針はクラウドファースト。
しかし移行しないアプリケーションも存在。とるべき解決策は?

DX の実現に向けて ICT 環境を刷新する企業は増え始めています。システム刷新を契機にパブリッククラウドへシステムを移行する企業も存在する一方で、パブリッククラウドに全システムを移行させず、オンプレミスで運用するアプリケーションがあることも現実です。業務特性に応じてパブリッククラウド、オンプレミス、プライベートクラウドなど多様な ICT 基盤を使い分ける企業が増えているようです。ガートナージャパンが 2019年2月に発表した予測のひとつに興味深いものがあります。

2023年を迎えてもなお、日本の大企業における基幹系業務システムの 80% が商用のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)を使い、オンプレミスで運用し続ける

ガートナージャパン「日本のアプリケーション領域において、エンタプライズ・アプリケーションのアジリティの向上に焦点を当てた 2019年の展望」より

オンプレミス環境

この予測からも、パブリッククラウドへすべてのシステムを移行することはハードルが高いという現実がみえてきます。しかし、これまでのオンプレミス環境のままでよいわけではなく、今後の成長に向けて足かせとなるレガシーなオンプレミス環境を再構築し、DX に対応しなくてはいけません。そこで注目される解決策が、ハイブリッドクラウドによるシステム運用です。

真のハイブリッドクラウドがもたらす価値

真のハイブリッドクラウドがもたらす価値

ハイブリッドクラウドというと、パブリッククラウドとオンプレミスによる混在環境を想像されるかもしれませんが、JBS が提案するハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウドによる、真のハイブリッドクラウドです。

クラウドのメリットはいくつかありますが、柔軟な IT リソースの提供と運用工数の軽減、使った分だけ発生するコスト、を思い浮かべる方が多いでしょう。DX 時代に勝利を掴むためには、いち早く新サービスや新ビジネスを投入する俊敏性(アジリティ)が重要になります。クラウドでスモールスタートし、サービスが軌道に乗った時点で必要な IT リソースを追加できるメリットは大きな価値をもたらします。

JBS が構築するプライベートクラウドは、パブリッククラウドと同様にビジネスのアジリティを高め、柔軟に IT リソースを提供できることが特長です。また、プライベートクラウドならではの「自社のセキュリティポリシーに沿った運用」「自社ビジネス要件に最適なシステム要件でクラウドを構築」できることも、これまでパブリッククラウドで運用課題を抱えていた企業にとって大きなメリットになるでしょう。

次ページでは、JBSが提案するプライベートクラウドの詳細について解説します。

次のページ:DX 基盤にプライベートクラウドをすすめる理由と 7つの要件

 
1 2 3
 

関連資料(ホワイトペーパー)

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く