JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

ITエンジニア 永井壮太郎

技術 永井壮太郎

お客さまの"こうしたい"をカタチにするのがITのプロ

技術 永井壮太郎

初仕事は、先輩と2人でのサーバー移転でした。ある拠点からある拠点へサーバーを移す。これだけで2週間かかります。専門の業者に依頼して、物理的に本体を移して、配線を整えておしまい、とはなりません。事前調査で移設に伴う問題点を洗い出し、バックアップを用意するなど、さまざまな対策を取る必要があります。コンピュータの移転は、プロでなければできない仕事なんです。

お客様に抜擢していただいたうれしさと誇り

技術 永井壮太郎

その後、大手携帯電話会社のネットワークのファイアーウォールの導入、在京テレビ局の新規サーバー導入、全国をまわってのネットワークシステムの構築に携わってから、大手証券会社のサーバー移転プロジェクトの一員になりまた。サーバーネットワークは200台、それを新しいビルに移設するプロジェクトです。かなりの期間を必要とする、スケールの大きな仕事でした。このとき光栄なことに、「移転したサーバーネットワークを維持管理するチームの一員になってほしい」とお客様からご指名いただきました。
それから6年でメンバーは約20名に増え、私はマネージャーとして5人のメンバーを率いています。

お客様の課題を理解し、新しい提案につなげていく

技術 永井壮太郎

技術の仕事は、平たくいえば、「お客様がどうしたいのかを理解し、それに見合ったシステムを提案し、提案した通りに構築する」ことです。しかし簡単ではありません。複数のメーカーのさまざまな製品・部品を使って、システムを構築しますが、それぞれのメーカーは全体をどうするか教えてくれません。だから技術のプロが必要なんです。

サーバーの維持管理にしても、単に維持や管理をしているわけではなくて、お客様が抱えている課題を理解して、新しい提案につなげていくことが求められます。たとえば「ブレードサーバーを導入しませんか。複数の仕組みを集約できます」と提案する。そして構築する。それがお客様の業務にプラスになれば、お客様にとって正しい投資です。いかにお客様の思いをカタチにするか?
そのスキルをもっともっと高めていきたいと考えています。


to top

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く