JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

Windows 10 アプリケーションドック

Windows 10 アプリケーションドック

Gold Microsoft PartnerAmbient Office/アンビエントオフィス

半年に1回リリースされる Feature Update(以下、FU)適用前に実施するアプリケーション機能検証に対応するサービスです。長年のクライアントバージョンアップ対応で培ったノウハウを凝縮して適用することで短時間での検証完了を実現します。半期ごとの互換性確認作業の負担を軽減するためにご活用ください。

サービス概要

煩雑になりがちな Windows 10 メジャーバージョンアップ時の機能検証プロセスを最短 1ヶ月で実施代行するサービスです。
お客様が検証を希望するアプリケーションに対して検証の実施から不具合切り分けまで行い、結果をエスカレーションさせていただきます。
作業プロセスを標準化して用意しておりますので、半年に1度の FU リリース時に継続的にご利用いただけます。

標準的な Windows 10 の Semi-Annual Channel ライフサイクル

標準的な Windows 10 の Semi-Annual Channel ライフサイクル

機能検証内容

お客様保有のリグレッションテストシナリオを用いて、FU 適用による OS 機能追加・変更に伴う不具合検出のためのテストを行います。
アプリケーションのリグレッションテストシナリオに登場する PC デバイスや周辺システムまで互換性検証を行うことができます。

機能検証内容

サービスの特長

1
機能検証方針

従来の完全対応ではなく、お客様保有のリグレッションテストシナリオに沿い機能検証スコープを絞り、テストシナリオ上の [機能] のみを検出することで短期間での対応を実現します。

機能検証方針
2
リモート作業

従来の現地作業ではなく、リモート作業を採用することでファシリティ準備などの受入れの手間を削減し、半年に 1度の対応をスムーズにします。

リモート作業
3
自動エスカレーション

JBS のツールを利用して不具合の原因特定を行います。原因が Windows 10 以外の場合、お客様が指定された担当のチームに自動でエスカレーションすることで、コミュニケーションのロスを低減し、対応までの時間を短縮します。

自動エスカレーション

参考価格(税抜)

お見積り例) テストアプリ数︓5個まで、テストシナリオ数︓20シナリオ / アプリまで、テスト端末種別︓1種の場合

価格表
初回 ¥ 5,000,000
2回目以降/回 ¥ 3,000,000

前提条件

  • 作業は JBS の施錠管理できる環境内にて実施します。
  • テストに必要な端末、アプリケーションおよびそのライセンス、ユーザーアカウント/ データなどの貸与をお願いします。
  • 貸与いただいた端末は JBS にて責任を持って施錠管理します。
  • お客様-JBS 間の通信はお客様所有の VPN クライアントを利用させていただきます。VPN 環境をお持ちでない場合は別途費用にて JBS で構築させていただきます。
  • お客様オフィス内でのプリンタ印刷確認など現地対応が必要なテストは別途費用にて承っております。
  • その他、作業の諸条件についてはご提案の際にご説明します。お問い合わせください。
  • お客様環境条件により価格が変動します。あらかじめご了承ください。
  • お客様環境条件は、お客様保有情報(端末情報、アプリケーション一覧、テストシナリオ情報など)より確認させていただきます。
  • 価格算出に必要なお客様保有情報は、お問い合わせいただいた際にご案内します。ご提供をお願いします。
  • 2回目以降の価格は初回対応と同条件で連続してご購入いただいた場合の価格となります。
  • 初回対応時とアプリが異なる場合やテストシナリオの増減が発生している場合は 2回目費用が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 2回目以降対応させていただく場合のアプリ追加プランもご用意しております。お問い合わせください。

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top