JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

the MATRIX for Security 認証強化対策 PassLogic

the MATRIX for Security 認証強化対策 PassLogic

the Matrix

Microsoft Azure や Amazon Web Services などのクラウドサービスやアプリケーションサービスにおける認証時のユーザエクスペリエンス向上、セキュリティ強化を実現できます。JBS は PassLogic の一次代理店であり実績も豊富です。

サービス概要

PassLogic は、パスロジ株式会社が提供する包括的な認証システムです。トークンレス・ワンタイムパスワードなどによる「認証」や、 Active Directory との「ID 同期」、システムごとに利用者を設定できる「アクセスコントロール」、クラウドサービスに対応する「シングルサインオン」などの機能を提供します。
セキュリティ強化と業務効率化をワンストップ・月額課金で実現できます!

サービス概要

サービスの特長

1. きめ細やかなセキュアコントロールをサーバ 1 台で実現します。

IP アドレス制限

icon

許可された場所(IP)からの
アクセスかチェック

 

端末認証

icon

会社が承認済の端末か
チェック

 

本人認証

icon

本人が端末を操作しているか
チェック

2. 用途に合わせて 2 要素、また多要素の組み合わせが可能です。

本人認証 - 本人か否かを確認する技術
記憶認証
Something You Know
生体認証
Something You Are
所有物認証
Something You Have
本人が知る記憶・知識を利用 本人だけが持つ生体の特徴を利用 本人が所有している
物理デバイスを利用
パスワード

パターン
指紋
静脈 / 静紋
IC カード
ソフトトークン
端末認証 - 許可された端末か否かを確認する技術
端末認証
端末固有の情報やファイルを利用
クライアント証明書

Cookie

緑ラベル が PassLogic で利用可能な認証方式です。

例えば、 パターン  クライアント証明書

この組み合わせの特長は
  1. トークンや IC カード・リーダー不要で2要素
  2. マルチデバイス
  3. 固定パスワード不使用

3. 任意の IP アドレスからのみアクセスを許可できます。

例えば、Office 365 は社内からの接続のみを許可し、Salesforce はインターネット経由でどこからでも利用させるなど、アプリケーション単位でのアクセスコントロールの実現が可能です。

  • 各クラウドプラットフォームの利用料金以外に、ライセンスの購入が必要になります。
  • クラウドプラットフォームでの利用に適した「サブスクリプションライセンス」でのご利用も可能です。
  • ご利用に際して、別途正式利用者数分のライセンスの購入が必要となります。
  • シリアル番号やお客様名の他、登録 ID 数上限や利用期限などが埋め込まれたファイルを PassLogic 管理ツール上でアップロードすることでライセンスが稼働します。
  • 購入方法および価格につきましては JBS のお問い合わせページよりお問い合わせください。
the Matrix

JBS の ”the MATRIX” とは、JBS がお客様のイノベーションパートナーとして、デジタルトランスフォーメーションを実現するサブスクリプション型ソリューションの総称です。

“the MATRIX“ は、企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するため、
“People” × “Agility” = “Digital Transformation” をコンセプトに、IT 資産のクラウド化、ビジネスのスピードアップ、リソースの最適化を実現する IT サービスを提供します。

関連ソリューション:the MATRIX へ

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top