JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

SAP on Azure 移行サービス

関連事例

導入事例一覧

SAP on Azure 導入事例
日本ビジネスシステムズ株式会社
わずか1週間で SAP を Microsoft Azure へ移行
続きを読む
SAP Microsoft Azure 導入事例

SAP on Azure 移行サービス

SAP PartnerGold Microsoft PartnerAmbient Office/アンビエントオフィス

SAP と Microsoft Azure の専門スキルを持ったエンジニアが、SAP 基幹システムの Azure 移行とその後の運用やロードマップまで、多様なニーズにあわせて柔軟にサポートします。

サービス概要

オンプレミスの SAP 基幹システムを Azure へ移行するサービスです。

お客様の課題に対するアセスメント
ニーズを掘り下げる アセスメント

Azure 移行に関わる課題に加え、移行後に求められている効果をふまえた上で、効果的なアプローチを実施します。また、無料アセスメントも可能です。

ダウンタイム最小の移行プラン
ダウンタイム最小の 移行プラン

対象のシステム構成と要件をもとに、オンラインを維持しながらの移行など、可能な限り業務影響とダウンタイムを抑える方式を検討します。

安心のアフターサポート
安心の アフターサポート

SAP と Azure に対応した当社 AMOサービス* をご利用いただくことで、移行後も低コストかつ安定した運用をサポートします。

*AMO サービス︓アプリケーションマネージメントアウトソーシングサービス 詳細はこちら

サービスの効果・メリット

SAP を Azure へ移行することで保守切れに関する悩みを解消し、これまでオンプレミスで考慮が必要だった多くを Azure のサービスに任せることで、システム管理を大幅に効率化します。
また、Microsoft や SAP の最新技術も Azure 上でシームレスに活用、連携が可能です。

SAP ロードマップへの対応

SAP ロードマップへの対応
Azure 環境は最新の SAP 製品ラインナップへの対応を続けています。移行後は今後の SAP ロードマップに沿った最適な環境を選択、実装できます。

SAP、Microsoft Azure サービス連携

SAP、Microsoft Azure サービス連携
Azure 上で展開する、SAP や Microsoft クラウドサービスとシームレスな連携が可能。SAP をよりシンプルに便利に使いこなせます。

TCO 削減

コスト削減
お客様の利用状況や要件に合わせてシステムを Azure 上で最適化することにより、TCO(総所有コスト)を削減します。

ハードウェアライフサイクルからの解放

ハードウェアライフサイクルからの解放
ハードウェアの維持・管理や、5 年ごとの保守切れ、老朽化に伴うリプレース検討・実施の手間やコストから解放されます。

セキュリティ可用性/災害対策強化

セキュリティ可用性 / 災害対策強化
Azure 付随のサービスなら、ハードウェアとは別に必要となるセキュリティ関連対策も含むので、コスト削減と品質強化が両立できます。

課題と活用ケース

将来を見据えた課題や、コスト削減などの課題に対応することができます。

S/4 HANA への移行検討

Q

SAP ERP 6.0 を S/4 HANA へ移行したいが、移行先のプラットフォームや進め方がわからない。

A

お客様のシステムや状況に合った移行のタイミングとロードマップを提案いたします。
Azure であれば SAP のロードマップに沿った構成が用意されているため、直接移行を検討する場合も、まずは Azure への移行を進め、段階的に S/4 HANA を検討する場合も対応可能です。

CASE2

ハードウェア / OS / DB の保守切れ対応

Q

次期ERP システムをどうするかが決まっていないのに、保守切れ。どのタイミングで何をすべき︖

A

SAP の保守切れまで継続利用が可能なシステム構成の Azure へ移行することで、移行後はリプレース時期に悩まされず次期 ERP システム構想の時間を確保できます。
SAP を継続利用する場合も SAP のロードマップに対応した Azure であればその後の検討や移行も安心です。

CASE3

利用頻度の少ない SAP 維持コスト削減

Q

経営統合により利用しなくなった子会社の SAP だが、監査のためにデータの保管と参照が必要。用途に見合わない高額の維持費に悩んでいる。

A

大規模なデータ移行プロジェクトは不要!データを Azure へ移行し、参照時のみアクセスしてコスト削減。
開発、テスト機や Solution Manager などの利用頻度が低い場合も同様に Azure へ移行することでコスト削減が可能です。

CASE4

データセンター撤廃の検討

Q

基幹システムにある大容量データについてクラウド移行時のダウンタイムがネックになり、データセンターを撤廃できない。

A

オンラインを維持しながら移行する方式を検討すれば、移行時の業務影響やダウンタイムは最小限に抑えられます。
また、SAP 以外のオンプレシステムの Azure 化に関しても JBS の Azure 専門チームにて SaaS / PaaS / IaaS を活用しトータルで移行をサポートします。

まずはお気軽に、無料アセスメントをご相談ください︕

SAP x Azure

JBS は 日本マイクロソフトの「SAP on Azure 導入支援サービス提供パートナー」です。SAP サービスパートナーとして10 年以上培ってきた SAP に関する豊富な構築、移行、運用の実績を活かし、常に最新の Azure ソリューションに対応していくことで、お客様にとって最適なソリューションを提供します。

Ambient Office/アンビエントオフィス 紹介コンテンツへ

JBS はマイクロソフト製品及び関連サードパーティー製品をエンドユーザ視点のシナリオに基づいて統合するソリューション "Ambient Office/アンビエントオフィス®"を提供しております。マイクロソフト製品の活用、サードパーティー製品との連携、など是非ご相談ください。

関連ソリューション:Ambient Office へ

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top