ビジネスバリューアップ ヘルプ価値向上 AI チャットボットソリューション
AI チャットボットで問い合わせ対応を自動化しヘルプデスク業務の対応範囲拡大に貢献
AIチャットボットで問い合わせ対応を自動化しヘルプデスク業務の対応範囲拡大に貢献
ヘルプデスクの問い合わせ対応では、人によってサポート品質の差が生じるという課題があります。また、対応できる時間にも制限があります。「ヘルプデスク価値向上 AI チャットボットソリューション」は、今までのナレッジをチャットボットに学習させることによって自動化し、品質の保証や時間の制約などの課題を改善することで、企業のビジネスバリューアップに貢献します。
お客様のこんな悩みを解決します
お客様のこんな悩みを解決します
  • 人によって
    問い合わせ対応品質に
    バラつきがある
  • サポート時間外の問い
    合わせが多くタイム
    リーに対応できない
  • ヘルプデスクの人手
    不足もあり、受付
    範囲を拡大できない
ヘルプデスク価値向上AIチャットボットソリューションの特長
    • システム化による、24時間365日のサポート
      AI チャットボットを利用することで、時間的な制約なくサポートを提供することが可能になります。時間外の問い合わせが滞留することなく有人対応が削減されることで、新たなサービスのサポートや、人が実施することで価値の高まる領域に注力できます。
  • チャットライクな扱いやすいユーザーインターフェースで、ヘルプデスクの手を煩わせることなくユーザーの疑問を解決

ユーザーとヘルプデスクの時間の無駄を解消し、業務の価値を向上
ユーザーとヘルプデスクの時間の無駄を解消し、業務の価値を向上
ヘルプデスク価値向上 AI チャットボットソリューションの全体概要
ヘルプデスク価値向上AIチャットボットソリューションの全体概要
JBSならではの強み
  • 実績を基にした AI 学習基盤を提供
    チャットボットを導入しても、精度の低い回答では使われなくなってしまいます。JBS では、お客様に導入する AI の学習基盤を自社内で実際に検証を行っています。これにより得られた知見をもとに、実用性が高いシステムを提供することができます。
  • 使いやすさを重視した UI 設計
    問い合わせ窓口は、お客様にとってシンプルで使いやすく、知りたい回答をすぐに得られるものでなければ利用されません。JBS では、人を起点とした UI 設計を行うことで、利用されるお客様目線の使いやすいシステムを提供します。
  • 導線・UX の設計前に回答精度検証を実施
    ビジネスでチャットボットを利用する場合には、精度だけではなく、UX や回答への導線設計なども重要になってきます。JBS では最初からそれらを統合的に品質強化するのではなく、まずは回答精度を確認いただいた上で、導線を設計し、UX を調整していく進め方を採用すること事で、期待を裏切らないチャットボットの構築を行います。
  • 人間らしいチャットボットの構築で継続利用を促進
    チャットボットはテキストでの回答になるため、ユーザーは機械的な対応に感じてしまいます。JBS では、チャットボットにあえて人間らしさが出るような設計をしています。ユーザーに人が対応しているかのように感じてもらい、親しみを持ってもらうことで、仮に誤った回答をしてしまった場合でも継続的な利用につながりやすくするためです。
関連製品・ソリューション
  • Microsoft Azure
    JBS では、Microsoft Azure 上での業務システムインテグレーションや、コンピューティング、ストレージ、アプリケーションなどクラウドの柔軟なソースを活用したシステム連携ソリューションを提供しています。