JBSスタイル

社長メッセージ・人材育成方針

  • 牧田 幸弘
    牧田 幸弘
    代表取締役社長

    注目されるソリューションプロバイダーとして。

    プロとしてやりがいのある仕事がしたい。お客様から評価され続けるソリューションプロバイダーを作り上げたい……との思いからこの会社をスタートして四半世紀。
    その間、世の中にPCネットワークが普及し、インターネットが社会インフラとして定着し、あらゆる企業でIT化が進みました。JBSはそうした流れにいち早く対応し、お客様に満足していただけるITソリューションと質の高いITサービスを提供することで、変化の激しい業界の中で着実な成長を積み上げてきたのです。

    ここで、誤解のないよう言っておかなくてはならないのは、昨今のIT不況が今後のITビジネス全体に影響が及ぶのではないかという心配です。しかしながら、これはあくまでIT関連製品自体の需要の停滞であって、企業が必要としている企業革新のためのITサービスやITソリューションそのものの需要減退ではありません。企業のIT化への取組み需要は依然として根強く、各社ともコスト削減、競争力強化のためのIT投資なくしては新たな成長戦略を描けないとさえ言っていい状況なのです。
    そうした時代に、私たちJBSはITインフラ構築を核として、企業が必要としているITサービスを高いレベルで提供するソリューションプロバイダーとして活躍しています。

    JBSは今後とも企業ユーザーから信頼され続けるソリューションプロバイダーとしてさらなる成長を継続していきます。 しかも、その最先端を走る企業のひとつとして。

    ソリューションプロバイダーで活躍する人に求められるものは何か。

    まずプロとしての専門能力を磨くことは大切なことですが、それだけではありません。お客様から「今回のプロジェクトはあなたにお願いしたい」と指名されるような価値ある存在になることが必要なのです。
    その為には専門のスキルだけではなく、ひとりの人間として好感の持てる魅力を備えていなければいけません。いつでもどこでも気軽に声がかかる、明るく親しみやすい存在であって欲しいのです。

    企業の情報システム部門の方々やエンドユーザーやトップの方々とも常にコミュニケーションを図り、さまざまに情報や意見を交換していく中で、その企業に必要なソリューションを見つけ出し、それをITサービスとして提供していく・・とても重要な仕事だからです。

    私は専門のスキルや知識がないから・・といって心配する必要は全くありません。誰もが最初は初心者レベルからスタートしています。入社後、徐々に専門スキルを身につけてゆく環境が揃っています。ITのプロになるための前提条件があるとすれば、あなたが持っている人間としての魅力・・これこそが何にもまさる前提資格でありJBSの社員として必要不可欠なもの。
    あなたの、その人間的魅力を必要としている会社が、ここにあります。

HOME