JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

イベント・セミナー

クラウド時代を生き残るための正しいクラウドサービス活用の在り方

IT 部門・システムインテグレーター必見! クラウド時代を生き残るための正しいクラウドサービス活用の在り方

クラウド サービスの活用は、既存資産・サービスと組み合わせてより高い効果が得られます。弊社ではそれを実現する具体的な方法としてサービス カタログを作成することを提案します。
これにより、IT部門やシステム子会社にとっては、ユーザー部門に対して自らが提供するクラウド サービスを利用するメリットをだすことができ、自社で培ったノウハウを外販につなげることができます。システムインテグレーターのような提案企業にとっては、今後も成長が著しいクラウド サービスを取り込んでお客様のリクエストに即応する他社と差別化された豊富な商材となりえます。これはマイクロソフトの製品以外のクラウド サービスの利用全般でも使える手法です。

本セッションではマイクロソフトが提供しているクラウド サービスの内実に触れながら、具体的なクラウド サービスの活用事例を紹介し、サービス カタログを作成するための具体的なステップを紹介いたします。

次のような方に特にお勧めいたします。

  • これからクラウド サービスの導入、社内システムのクラウド移行をご検討の IT部門やシステム子会社のお客様
  • クラウド サービスを自社でどのように活用すればよいのか情報を求められているお客様
  • 外販の商材としてクラウド サービスを取り込んでお客様のリクエストに即応していきたい提案企業のお客様

IT 部門・システムインテグレーター必見!
クラウド時代を生き残るための正しいクラウドサービス活用の在り方

日時 2016年4月20日(水)
13:00-15:00(受付開始12:45)
開催場所 日本マイクロソフト株式会社 31F セミナールームA
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
地図はこちら
参加費 無料 / 事前申し込み
主催 日本マイクロソフト株式会社
お申込みはこちらから
セミナーへ参加
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く

アジェンダ

13:00-13:40

「マイクロソフトのクラウドを支える運用とは?~データセンターの中で何が行われているのか~」

今や多くの企業や組織で利用されている Azure、Office 365、CRM Online などのマイクロソフトクラウドサービスは、世界 40 か国以上に展開された 100 を超えるデータセンターによって提供されています。データセンター内のサーバーは実に 100 万台を超え、北米に張り巡らされた光ファイバーだけでも地球 4 周分になります。このセッションでは、データセンターの設計・構築から、サーバー・ネットワークの管理まで行い、高品質なサービスを提供するマイクロソフトの組織と運用についてご紹介します。

日本マイクロソフト株式会社
マイクロソフトテクノロジーセンター
テクノロジーアーキテクト
加藤 寛二 氏
13:40-14:20

「クラウド時代にこそ求められる IT部門の役割~サービス カタログによる ITサービス提供~」

クラウド時代には IT部門が不要になるという声も聴きますが、本当でしょうか? 答えは Yes でも No でもあります。サーバーのお守りをするだけの旧態依然の IT部門が不要になることは明らかな一方で、変化の激しいクラウドの時代だからこそ、IT のプロとしての目利き力・プロデュース力が切実に求められているという事実があります。クラウド時代において IT部門が担わなくてはならない役割や検討の進め方のポイントを、サービス カタログを軸として議論します。

日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズサービス部門
シニアコンサルタント
大井 雄介 氏
14:20-15:00

「Microsoft Azure/Azure Stack と System Center を活用したサービス カタログの実装例」

Microsoft が志向する「一貫性を持ったプラットフォーム」によりプライベート クラウド、パブリック クラウドの垣根を超えた世界を実現することができます。本セッションではクラウド サービス活用の具体例として Microsoft Azure と System Center を利用したサービス カタログのデモを中心に、Microsoft Cloud Platform を用いて実現できることをより具体的にデモを交えながらご紹介いたします。Technical Preview が公開され注目を集めている Azure Stack へとどのようにつながっていくのかに関しても言及します。

日本ビジネスシステムズ株式会社
マーケティング本部 クラウドソリューション開発部長
Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management
胡田 昌彦

登壇者プロフィール

胡田 昌彦
Most Valuable Professional

日本ビジネスシステムズ株式会社
マーケティング本部 クラウドソリューション開発部長
胡田 昌彦(えびすだ まさひこ)

高度なテクニカルスキルを持って製品の自社導入を行うとともに、その製品をソリューションとしてお客様に提供するための仕組み作りや弊社エンジニアへの教育を行っており、 そうした活動から蓄えた情報を、自身のブログや著書「Windowsインフラ管理者入門」に記すなど、幅広い分野で活動中。
Windows Expert-IT Pro カテゴリにおける MVP として活躍しておりましたが、Microsoft System Center や Microsoft Azure に対する取り組みが評価され、このたびカテゴリを変えて Cloud and Datacenter Management カテゴリにて受賞しました。

「Windowsインフラ管理者入門」についてはこちら

Microsoft MVP アワードとは

MVP紹介ページ - 胡田 昌彦

Ambient Office/アンビエントオフィス 紹介コンテンツへ

JBS はマイクロソフト製品及び関連サードパーティー製品をエンドユーザ視点のシナリオに基づいて統合するソリューション"Ambient Office/アンビエントオフィス®"を提供しております。Microsoft 製品の活用、他社製品との連携、など是非ご相談ください。

詳細はこちらをご覧ください。
関連ソリューション:Ambient Office/アンビエントオフィス® へ

関連事例

アジャイル型開発事例
本田技研工業株式会社
事業部門とエンジニアがビジネスのゴールを見据えワンチームに。アジャイル型開発で最適なカーシェアリングサービスを構築
続きを読む
アジャイル型開発事例 本田技研工業株式会社
Microsoft Azure 導入事例
FWD富士生命保険株式会社
コーポレートウェブサイトを短期間で Azure 上で公開 ~保険業界で斬新な取り組みをクラウド上で実現~
続きを読む
Microsoft Azure 導入事例 FWD富士生命保険株式会社
Microsoft Azure 導入事例
ネッツトヨタ栃木株式会社
Pepper、Azure、サイネージ、AIの緻密かつ複雑な連携で実現する「売り」に繋がる店舗サービス改革
続きを読む
Microsoft Azure 導入事例 ネッツトヨタ栃木株式会社
Microsoft Azure 導入事例
株式会社三菱総合研究所
復興事業における新・資金支援スキームを早期実現へと導いた、“Azure × Windows タブレット” のシナジー効果
続きを読む
Microsoft Azure 導入事例

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top