JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

イベント・セミナー

クラウド時代を生き残るための正しいクラウドサービス活用の在り方

イベント・セミナーレポート
レポートを掲載しました!

レポートページへ

クラウド時代を生き残るための正しいクラウドサービス活用の在り方」

クラウドサービスの活用は、既存資産・サービスと組み合わせてより高い効果が得られます。マイクロソフトでは、それを実現する具体的な方法としてサービスカタログを作成することを提案しています。

これにより、IT 部門やシステム子会社にとっては、ユーザー部門に対して自らが提供するクラウドサービスを利用するメリットを出すことができ、自社で培ったノウハウを外販につなげることができます。マイクロソフトからは、クラウドサービスの内実に触れながら、具体的なクラウドサービスの活用事例・サービスカタログを作成するための具体的なステップをご紹介します。

また、JBS からはJBS グループで実際に取り組んできた事例を元に、クラウドのメリットを最大限活かすために絶対に取り組むべき幾つかのアプローチについてご紹介します。

クラウド時代を生き残るための正しいクラウドサービス活用の在り方

日時 2015年12月8日(火)
15:00-17:10(受付開始14:30)
開催場所 品川シーズンテラスカンファレンス
東京港区港南1-2-70 品川シーズンテラス3階
地図はこちら
定員 100名
参加費 無料 / 事前申し込み
対象者
  • 情報システム部の統括
  • システムの設計・運用
  • 経営者CIO
主催 日本マイクロソフト株式会社
お申込みはこちらから
セミナーへ参加
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6772-4000
(代表)
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く

アジェンダ

15:00-15:50

マイクロソフトのクラウドを支える運用とは?~データセンターの中で何が行われているのか

今や多くの企業や組織で利用されている Azure、Office 365、CRM Online 等のマイクロソフトクラウドサービスは、世界40か国以上に展開された100を超えるデータセンターによって提供されています。データセンター内のサーバーは実に100万台を超え、北米に張り巡らされた光ファイバーだけでも地球4周分になります。このセッションでは、データセンターの設計・構築から、サーバー・ネットワークの管理まで行い、高品質なサービスを提供するマイクロソフトの組織と運用についてご紹介します。

マイクロソフトテクノロジーセンター
テクノロジーアーキテクト
加藤 寛二 氏
15:50-16:20

クラウド時代にこそ求められる IT 部門の役割 ~サービスカタログによる IT サービス提供~

クラウド時代には IT 部門が不要になるという声も聴きますが、本当でしょうか?答えは Yes でも No でもあります。サーバーのお守りをするだけの旧態依然の IT 部門が不要になることは明らかな一方で、変化の激しいクラウドの時代だからこそ、IT のプロとしての目利き力・プロデュース力が切実に求められているという事実があります。クラウド時代において IT 部門が担わなくてはならない役割を、サービスカタログを軸として議論します。

日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズサービス部門
シニアコンサルタント
大井 雄介 氏
16:20-17:10

クラウドのメリットを最大限活かすため、絶対に取り組むべき幾つかのアプローチ

IT 運用現場に対する要求は厳しくなる一方ですが、クラウドを導入するだけで目の前の課題はすぐに解決できるのでしょうか?多種多様、複雑に入り組んだ IT サービスの管理を行う上で、必ず考慮すべき幾つかのポイントが存在します。JBS グループで実際に取り組んできた事例を元に、その推進者自らが解説します。今、真に求められているのはハイブリッドクラウド時代に対応するための「意識改革」です。

日本ビジネスシステムズ株式会社
品質管理室
担当部長
飯塚 和秀

登壇者プロフィール

飯塚 和秀

日本ビジネスシステムズ株式会社
品質管理室 担当部長
飯塚 和秀

JBS グループ全体の IT サービス推進担当として、ITIL® をベースとした業務品質の改善、
および ITSM に関連する新規サービス・事業の開発に従事。
ITIL® Expert および EXIN 社認定トレーナー資格取得。

関連事例

System Center + ITIL(R) 運用事例
日本ビジネスシステムズ株式会社
"何となく"から脱却する、ハイブリッドクラウド時代の賢い IT システム運用法とは
続きを読む
System Center + ITIL(R) 運用事例

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top