JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

イベント・セミナー

PMI(プロジェクトマネジメント協会)日本支部主催の「PMI日本フォーラム 2014」で講演します

プロジェクトマネジメントを推進するPMI(プロジェクトマネジメント協会)日本支部主催の「PMI日本フォーラム 2014」が開催されます。今年のPMI日本フォーラムでは、グローバル環境でのイノベーション実現において最も重要な要素として注目されている「人材」を取り上げます。このイベントでJBSは「実践的なPMツールテーラリング手法」と題して、サービス品質管理室の村上竜一が講演致します。

PMI日本フォーラム 2014

日時 2014年7月12日(土)、13日(日)10:00~18:00(受付開始 9:30)
会場 学術総合センター
東京都千代田区一ツ橋2-1-2 地図はこちら
主催 一般社団法人 PMI日本支部
参加費 有料(事前登録制)
公式サイト PMI日本フォーラム 2014
イベント詳細、お申込みはこちらから
イベントへ参加
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5419-4000
(代表)
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く

講演概要

タイトル 実践的なPMツールテーラリング手法
日時 2014年7月13日(日)17:35-18:00
スピーカー PMI日本支部 PMツール研究会 村上 竜一(日本ビジネスシステムズ株式会社)
講演概要 PMツールは主役ではありません。その目的はプロジェクトのさまざまな状況を顕在化し、ステークホルダーを含む関係者全員で認識を合わせ、プロジェクトを正常に進めために欠かすことのできない脇役です。PMツールは、さまざまものがあります。プロジェクト憲章に始まり、スコープ記述書、WBS、課題管理表などは、その代表例です。PMツールは、それぞれ研究対象として奥が深いものですが、プロジェクトを正常させるという本来の目的を見失った利用方法をしてはいけません。プロジェクトの特性やプロジェクト関係者の個性に合わせて、不必要な管理を省き、必要な管理に注力するために、実践に即してPMツールの加工が不可欠です。
本講演では、2011年より検討した、SECIモデル+ペルソナの考え方に基づいて、PMツールのテーラリング(加工)の方法についてご報告し、皆様にひとつの思考方法をご提案致します。
詳細URL http://www.pmi-japanforum.org/pmij2/forum-2014/track_g.html

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top