JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

イベント・セミナー

日本ネットワークセキュリティ協会「Network Security Forum 2014」で講演します


JBSが参加するJNSA(NPO日本ネットワークセキュリティ協会)において、「Network Security Forum 2014」が開催されます。本イベントは、JNSAが年に一度行っている主催シンポジウムです。

プログラムは、時事の話題に関する基調講演やJNSAの部会・WG活動のテーマを中心としたセッションやパネルディスカッションで構成されており、JNSAで活動しているワーキンググループ(WG)の2013年度の活動報告と今後の活動計画などの発表を行う中で、JBSは「エンタープライズ・ID連携トラストフレームワークにおけるポリシーのあり方」と題してJBSソリューションズ ID&アクセスマネジメント部 部長の宮川晃一がパネルディスカッションを行います。

Network Security Forum 2014 (NSF2014)

開催日時 2014年1月29日(水)10:00~18:00
開催場所 ベルサール神田
千代田区神田美土代町7住友不動産神田ビル
Room1、3+4
地図はこちら
参加費 無料 / 事前登録制
主催 NPO日本ネットワークセキュリティ協会
イベント詳細、お申込みはこちらから
セミナーへ参加
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5419-4000
(代表)
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く

パネルディスカッション概要

タイトル エンタープライズ・ID連携トラストフレームワークにおけるポリシーのあり方
開催日時 2014年1月29日(水)13:10~14:00 〈50分〉
モデレータ JNSA アイデンティティ管理WGリーダー 宮川晃一
(JBSソリューションズ株式会社 ID&アクセスマネジメント部 部長)
概要 近年、学術認証フェデレーション(GakuNin)に代表されるIDフェデレーションモデルが本格的に運用され始めており、経済産業省においても「ID連携トラストフレームワーク検討委員会」が設立され、今後エンタープライズ分野への大きな広がりが期待されております。 また、OpenIDファウンデーション・ジャパンとの共同WGである、エンタープライズ・アイデンティティ・ワーキンググループ(略称:EIWG)では、ID連携フェデレーションをエンタープライズ分野にて推進するため、OpenID ConnectとSCIMの普及を目的とした活動を行っています。 本アイデンティティ管理WGでは、2012年度より「ID管理におけるトラストフレームワークのエンタープライズにおける活用」について継続討議していますが、企業間のトラストフレームワークを考える上で非常に重要な「ポリシー」について、その考え方をパネルディスカッションいたします。

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top