JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

導入事例

CA UIM (Unified Infrastructure Management) 導入事例

日本ビジネスシステムズ株式会社

ビジネスで活用される技術が次々と増加し、デバイスの多様化が止まらない現代。いかにして監視対象の一元管理を実現するか?

CA UIM (Unified Infrastructure Management) 導入事例
業種 JBS ショーケース
導入
ソリューション
マネージドシステムサービス
フェーズ 保守・運用
お客様の課題 運用の支援
運用コスト削減
導入製品・
サービス

JBS には、法人のお客様に向けてシステム監視・保守などのマネージドサービスを提供する専門部隊 マネージドサービスセンター(以下、MSC)が存在します。複雑化する IT 環境の運用を任せたいと考える法人のお客様のニーズの増加、ユーザが活用するデバイスの多様化、さらに急速に普及するクラウドと、対応・考慮すべき要素が多い中、より効率的で高品質な運用管理を目指して模索を続ける MSC が導入したのは CA UIM(Unified Infrastructure Management)でした。

CA UIM は幅広い対象を一元的に統合運用監視するソリューションで、そのカバー範囲はサーバー、ネットワーク、ストレージといった IT インフラから、仮想化プラットフォーム、データベース、アプリケーション、さらに IaaS、PaaS、SaaS にまでわたります。クラウド環境とオンプレミス環境を一元的に監視することも可能なので、多様化する IT 環境にも柔軟に対応できます。

これからも監視対象の多様化が見込まれる中、CA UIM はいち早く最新の技術をカバーすべくバージョンアップを続けています。CA UIM を導入してから5年が経ち、CA UIM の進化とともに、MSC も CA UIM をさらに使いこなしています。今後 MSC は、運用管理の高度化の一環として、CA UIM を活用した周辺システムとの連携によりマネージドサービスの自動化レベルを高め、さらなる安心をお客様に提供してまいります。

CA UIM導入事例 - 日本ビジネスシステムズ

ダウンロードはこちらから

この事例についての資料はこちら
資料ダウンロード

関連の導入事例はこちら

CA Nimsoft Monitor 導入事例
日本ビジネスシステムズ株式会社
クラウド時代の監視サービスを実現
続きを読む
CA ARCserve & AWS 導入事例

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top