JBSの人

  1. TOPページ
  2. WORK
  3. ITアーキテクト プロジェクトマネージャー 

WORK-社会を進化させる仕事-JBSの先輩社員が会社や仕事のことを熱く語ります。

杉田 和啓

ITアーキテクトプロジェクトマネージャー

杉田 和啓
Kazuhiro Sugita
工学研究科・応用化学専攻
2005年入社

ITアーキテクトプロジェクトマネージャー

杉田 和啓 Kazuhiro Sugita
工学研究科・応用化学専攻
2005年入社

杉田 和啓

仕事について

入社10年目で部下80人の技術部隊を率いる部長に。
部門の管理、セールス支援、プロジェクトのフォローを担う。

一般の会社で課長と呼ばれるマネージャーを含めて、約80人の技術部隊を率いています。仕事は大きく3つ。新規サービスメニューを検討したり、収支状況をとりまとめたり、ビジネスパートナーとの契約をしたりする部門管理。技術部隊として、営業に同行したり、提案書や見積書を作成するセールス支援。そして、規模も内容も多種多様な案件に対応しているメンバーからの相談に応えたり、打ち合わせに参加したりする案件フォローです。上司である本部長や他部門の部長、マネージャーなどと協業しながら、日々の仕事を推し進めています。

入社10年目で、自分が部長職を務めているというのは、想像していないことでした。上昇志向があったわけでもないし、目立つタイプだったわけでもない。昇進のたびに、「私でいいのかな」と思っていました。でも、会社としては、私の成長をきちんと見ていてくれていたのだと思います。できることをやらせるのではなく、ちょっと背伸びすればできそうなことを任せるのが、JBS。そうやって、さらに成長させてもらったと思っています。会社は大きくなりましたが、風通しの良さ、人間関係の良さも含め、いいところは変わっていないですね。

入社からの経緯

改めて思うのは、本当にいいお客様が多いということ。
大事にしていることは、とにかく目の前の仕事を一生懸命にやることです。

2005/04●入社。専攻は応用化学。自作するほど好きだったPCの世界へ行きたくてIT業界に興味を持ちました。

2005/10●この頃からメイン担当として年25店舗を出店する調剤薬局様に対応。全国を飛び回りました。

2007/10●新聞社様のグループウェア更新案件(Exchange2000→2007)にサーバー基盤・Active Directoryチームリーダーとして参加。案件終了後もお客様先を毎月訪問して保守対応を続けました。その後も、たくさんの案件に携わりましたが、改めて思うのは、JBSには本当にいいお客様が多いということです。

2008/04●アシスタントマネージャーに昇格。メンバーをとりまとめて、案件や組織の運営を円滑にする役割。

2011/10●マネージャーに昇格。部下の評価もするように。どのプロジェクトに誰をアサインするか。部下の成長を考えながら、マネジメントを考えていました。みんなの前で話をする機会が増えたのも、この頃。

2015/10●部長に昇格。大事にしていることは、とにかく目の前のことを一生懸命にやること。そうすれば、着実に成長していくことができる会社だと思います。

HOME