JBSの人

  1. TOPページ
  2. WORK
  3. プロジェクトマネージャー 

WORK-社会を進化させる仕事-JBSの先輩社員が会社や仕事のことを熱く語ります。

大塚 由花

プロジェクトマネージャー

大塚 由花
Yuka Ohtsuka
デザイン工学部・システムデザイン学科
2013年入社

プロジェクトマネージャー

大塚 由花 Yuka Ohtsuka
デザイン工学部・システムデザイン学科
2013年入社

大塚 由花

仕事について

シンクライアントの構築プロジェクトを担う部署で
新人ながら、いきなりサーバー構築の担当へ。
必死で勉強したおかげで、かなりの力がついた。

シンクライアントの構築プロジェクトを担う部署で新人ながら、いきなりサーバー構築の担当へ。
必死で勉強したおかげで、かなりの力がついた。

IT業界に行く、メーカー系ではないSIerに行く、技術職になる、ということは決めていたんですが、たまたま参加した合同説明会で歩いていたら、ブースの前で声をかけられたのが、JBSでした。これが、とっても自然で話しやすくて、なんだか良さそうなので会社説明会に行ってみようかな、というところから始まり、とんとん拍子で内定が決まりました。入社後は、先端環境シンクライアントの構築プロジェクトを担う部署に配属になりました。PC端末にはソフトやファイルはなく、すべてサーバーで処理するシステム。入社直後に、6,000人規模の外資系金融機関のシステム刷新プロジェクトに携わり、まずは会議の議事録を取って、構築に関わる知らない単語を覚えていくところから始まりました。その後、資料を作ったりしていると、いきなり「サーバー構築の担当をやってみなさい。」と言われてびっくりしましたが、なんとかやるしかない。でも、ここで必死に勉強したおかげで、かなり力がついたんですね。「一年目でよくやったね」という言葉ももらえて、これは本当にうれしかった。システムの構築後は、保守運用にも携わり、お客さまとのコミュニケーションを深めることができて、大変ではありましたが「なるほど、仕事の面白さというのは、こういうものなんだ。」と実感しました。

仕事の魅力

専門知識を身につけたい、という希望が叶った。
自分のペースで仕事をコントロールできるのが、
JBSの働き方。思った以上に働きやすい。

専門知識を身につけたい、という希望が叶った。
自分のペースで仕事をコントロールできるのが、JBSの働き方。思った以上に働きやすい。

ITエンジニアの仕事はどんなことをするのか、実は入社前にはよくわかっていませんでしたが、何か手に職をつけたいと思っていました。JBSは、やりたいことがあれば聞いてもらえる会社。日頃から先輩や上司から「どうしたい?」と聞かれますが、新人配属の際も本部長との面談でやりたいことが聞いてもらえるんです。私は具体的な希望はありませんでしたが、「いろんなことをどんどんやるというよりも、ひとつの専門知識を身につけたい」と伝えました。実際、自分が知識を深めた製品を扱うプロジェクトを任せてもらっています。

IT業界の仕事はハードだというイメージもありますが、たしかに忙しい時期はあるものの、JBSで感じたのは働き方が切羽詰まったものではないということ。強制はされないし、自分のペースでコントロールができる。だから、思った以上に働きやすいです。最初はわからないことだらけですが、ブラザーシスター制度で先輩がついてくれますから、必ずちゃんと見てもらえる、というのもありがたかった。「こんな人になりたい」という目標になる先輩が身近にいるのは大きいです。そしてもうひとつ、予想外だったのは、人と話す機会が多いということ。黙々とPCに向かうことだけがITエンジニアの仕事ではないんです。

HOME