JBSの人

  1. TOPページ
  2. WORK
  3. プロジェクトマネージャー 

WORK-社会を進化させる仕事-JBSの先輩社員が会社や仕事のことを熱く語ります。

樋渡 康祐

プロジェクトマネージャー

樋渡 康祐
Yasuhiro Hiwatashi
工学部・情報工学科
2008年入社

プロジェクトマネージャー

樋渡 康祐 Yasuhiro Hiwatashi
工学部・情報工学科
2008年入社

樋渡 康祐

仕事について

入社前、先輩を見て2年目でこんなすごい仕事をしているのか、と思った。
自分が2年目になると、同じような仕事をしている自分がいた。

企業がビジネスを行う際、今やITシステムは絶対に欠かせないものになっています。しかし、すでにシステムがある場合でも、どうしてインフラ構築などのJBSの仕事が発生するのかというと、例えばハードウェアにしても、ソフトウェアにしても、メーカーによる保守サポートの期間というのが定められているから。ハードウェアなら、約5年。これ以降は、万が一、故障した際などにサポートが受けられない。そこで、企業では定期的にシステムの入れ替えが必要になってくるわけです。もちろん、戦略的に最先端のシステムを導入することもあります。これを担うのが、私が担当しているようなエンジニアの仕事です。

JBSには大手企業のクライアントも多いので、大規模案件も少なくありません。入社したとき、2年目の先輩を見て、自分にこんなすごい仕事ができるのか、と正直思いました。ところが2年目になると、先輩と同じような仕事をしていたりしました。これまで大手証券会社と金融機関を担当し、数々のインフラ構築のプロジェクトを手がけてきました。成長が早いのは、どんどん仕事が任せられるから。もちろん先輩がサポートしてくれますが、任せられたら自分でなんとかするしかない。仕事を通じて、あっという間に成長できてしまう会社なんです。

仕事の魅力

お客さまと最初から最後まで一緒にプロジェクトを推し進め、
喜びを分かち合える仕事。
今後は、マネジメントの力をもっと身につけたい。

大学時代はプログラミング専攻でした。でも、仕事はもっと広い視点で見られるものがいいな、と思っていました。JBSが魅力だったのは、早くから自分の担当を持って、任されること。また部分的に携わるのではなく、最初から最後までお客さまとプロジェクトを推し進められることでした。これだけをやる、というわけではなくて、いろんなことができる。実際、いろんなシステムに携わって、いろんな新しい知識が得られます。お客さまと一緒に仕事をして、「できたね」と喜びを分かち合える。

同じことの繰り返しではないんです。だから面白いし、意欲も湧く。もちろん最初からうまくいくわけではありません。失敗して、お客さまにお詫びをしたことも何度もあります。でも、失敗するとどうすれば失敗しないで済むかを考えるようになるし、いろんなことをより深く捉えるようになる。これが、自分自身を成長させるし、お客さまとの関係をより強いものにしていくんです。今後は技術力もさることながら、マネジメントの力をもっと身につけたい。要望をいち早く理解して、素早くシステムに落とし込めるようになりたい。お客さまにも、JBSの社員にも信頼されるようなエンジニアとして、活躍していきたいと考えています。

HOME