JBSの人

  1. TOPページ
  2. WORK
  3. アカウントマネージャー 

WORK-社会を進化させる仕事-JBSの先輩社員が会社や仕事のことを熱く語ります。

桃井 愛由美

アカウントマネージャー

桃井 愛由美
Ayumi Momoi

2011年入社

アカウントマネージャー

桃井 愛由美 Ayumi Momoi

2011年入社

桃井 愛由美

仕事について

2年目で大手証券会社の主担当に。
お客さまからの多岐にわたるご依頼に応えるため日々奮闘。

最初の仕事は営業の先輩に同行することでした。言われたのは、「とにかく議事録を取れ」という言葉。でも、お客さまとの会話がチンプンカンプンでわからない。プロトコル? アクティブ・ディレクトリ? なんて具合で。さらに、見積書の作成やサーバーの構成、提案書作りなど先輩のお手伝いをしているうちに、専門用語や仕事の流れを理解していきました。そして先輩に同行をしてもらいながら、中堅リース会社の担当に。さらにその後、2年目にして大手証券会社の主担当になることになりました。はじめは驚きましたが、それがJBS流なんです。ハードウェアの注文から保守の更新など、お客さまからの多岐にわたるご依頼にお応えするために奮闘しているのが、今。情報収集のためにも、ほとんど毎日のようにお伺いして、コミュニケーションを図るようにしています。まだまだわからないこともたくさんありますが、まずはお客さまから相談をもちかけられる営業になりたいです。その意味では、お客さまから声をかけていただけるのが、本当にうれしい。営業といえば、ノルマや目標をイメージする方もいるかもしれませんが、JBSは売上などの数字に対して、常にプレッシャーをかけられる会社ではありません。目標はありますが、大切なのはお客さまにとって最高のサービスを提供すること。そして、お客さまとの信頼関係を築くことが、何より重要なんです。JBSにはそういう空気があります。

就職活動のアドバイス

私が意識していたのは、ずっと仕事をしていきたいということ。
自分が心地良く働ける環境を見つけてほしい。

就職活動は、いろんな業界や企業を見て回ることをお勧めしたいですね。なぜなら、そんなことができるのは、今このタイミングしかないから、できる限り多くの人たちと会話をするのがいいと思います。いろんな業界の人の仕事内容や仕事に対する思いを聞くのは、後々のためにもとてもいい勉強になります。私が就職活動を始めるときに決めていたのは、ずっと仕事をしたいということでした。だから、自分が心地良く働ける環境に身を置きたかった。IT業界を選んだのは、みんなで何かを作り上げていくことが、商品開発や企画の担当者でなくてもできると思ったから。

営業の仕事を選んだのは、人と関わりながら仕事がしたいと思っていたからです。いろいろな世界の話を聞いていくからこそ、自分がどうしたいのかが見えてきたりします。視野を広められるだけでなく、自分自身のことがわかるようになります。社会人になってびっくりしたのは、やはりどうしても時間に追われるようになる、ということです。JBSは比較的休みの取りやすい会社ですが、とはいえ長期間の旅行に何度も行ったりすることはさすがにできません。学生時代がいかに恵まれていたか、今になってよくわかります。好きなことに好きなだけ時間を費やせるのは、学生時代だけ。おそらく人生最後の学生時代ですから、思う存分、楽しんでほしいと思います。

HOME