JBSの人

  1. TOPページ
  2. WORK
  3. アカウントマネージャー 

WORK-社会を進化させる仕事-JBSの先輩社員が会社や仕事のことを熱く語ります。

間宮 一晋

アカウントマネージャー

間宮 一晋
Kazuyuki Mamiya
経済学部・経済学科
2008年入社

アカウントマネージャー

間宮 一晋 Kazuyuki Mamiya
経済学部・経済学科
2008年入社

間宮 一晋

仕事について

最初はどんどん失敗していい、がJBSの考え方。
先輩がしっかりフォローしてくれる。
今は、新規顧客開拓にも挑戦。

人と接する仕事はしたいと思ったものの、実は営業という仕事にはあまりいい印象を持っていませんでした。例えば、ノルマがあって追い立てられるんじゃないか。お客さまに無理な提案をしないといけないんじゃないか…。JBSで営業に興味を持てたのは、まずノルマがない、と聞いたこと。実際には目標はあるんですが、追い立てられたりするようなものではないんですね。また、無理に売り込むような営業でもありません。大事なことは、お客さまと信頼関係を築き上げること。案件が発生したときに声を掛けていただくことです。

そのためには、とにかく訪問を繰り返して、お客さまの話を聞くことが大切です。しかも、最初はどんどん失敗していい、がJBSの考え方。先輩がフォローしてくれるんですよね。結果的に、たくさんの人と知り合えることができて、信頼関係を作ることが出来ました。そして案件を獲得したときの大きなうれしさも実感することができました。今は小売業やメーカーなどを担当していますが、一方でお客さまの新規開拓にも挑んでいます。メーカーと共同で新しい製品のセミナーを開催、来場者にセミナーの感想を聞きに行くところからアプローチしていくという戦略。いいお客さまを自分で開拓していく。新しい醍醐味ですね。

JBSの魅力

いい人間関係が築きやすいし、自分のスタイルが生かせる。
仕事以外の交流もたくさんあって、上の立場の人とも、
異なる部署の人とも、距離が近い会社。

いい人間関係が築きやすいし、自分のスタイルが生かせる。
仕事以外の交流もたくさんあって、上の立場の人とも、異なる部署の人とも、距離が近い会社。

会社選びで重視していたのは、いい人間関係が築きやすいところ。人間関係で苦しんだら、毎日がつらいじゃないですか。また、自分のスタイルが生かせるところ。上司や先輩に言われたことだけをやるのではなく、自分なりのやり方でやってみたかった。それもあって、大手企業は最初から選択肢に入れませんでした。大きな会社では、その両方が難しそうに思えたから。JBSは企業規模もそれほど大きくないし、何より会社説明会の印象が良かった。このときの直感は当たっていましたね。

実際、年齢が若い社員が多いこともあって、コミュニケーションがとても取りやすいし、仕事以外での交流もたくさんあります。上下関係がないわけではありませんが、上の立場の人との距離も近いように思えます。私は新人時代から、いろんな部署の部課長と飲みに行かせてもらっていました。普段の仕事ではあまり関わりのない方々との飲み会では、いろいろな話が聞けて、とても勉強になります。また、若いうちから仕事が任せてもらえる会社ですが、一方でいろんな部署の先輩たちが気軽に相談に乗ってくれます。さらに、頑張ればものすごく褒めてくれる。だから、思い切った仕事ができるんですね。今のモットーは早く仕事を終えること、ですね。そうしないと、飲みに行けないですから(笑)。

HOME