JBSの人

  1. TOPページ
  2. WORK
  3. アカウントマネージャー 

WORK-社会を進化させる仕事-JBSの先輩社員が会社や仕事のことを熱く語ります。

佐藤 彩

アカウントマネージャー

佐藤 彩
Aya Sato
経営学部・経営学科
2007年入社

アカウントマネージャー

佐藤 彩 Aya Sato
経営学部・経営学科
2007年入社

佐藤 彩

仕事について

在京テレビ局を担当。IT企業に入って、まさかテレビ局に
頻繁に出入りすることになるとは、予想もしていませんでした。

在京テレビ局を担当。IT企業に入って、まさかテレビ局に頻繁に出入りすることになるとは、予想もしていませんでした。

在京テレビ局を担当する法人営業をしています。テレビ局も、一般企業と同じように経理のシステムやメールのシステムなど、さまざまな大規模システムを活用して事業の運営や経営が行われています。また、だいたい5年おきに、IT機器などを入れ換えられるケースがほとんどです。お客さまのご要望を聞き、IT機器を提供したり、システムを構築したり、さまざまなITサービスをお届けする窓口になるのが営業です。

お客さまはキー局でもあり、システムの規模もとても大きいので、私は先輩と2人で担当をしています。これまで約2年をかけた新しいメールシステムの構築や、1,000台規模のPCの入れ替えプロジェクトを一緒に推進しました。こうした大きなプロジェクト以外にも、日々細かなご要望もあるので対応していきます。お客さまからいろんな話を聞かせていただいたり、また別の部門やグループ会社、地方局の方など、たくさんの新しい方々とも出会いがあり、新たな仕事が生まれてくるのが面白いところ。お客さまのところへ2日に1回は訪問させていただいていますが、IT企業に入ってまさかテレビ局に頻繁に出入りすることになるとは、予想もしていませんでしたね(笑)。

仕事への考え方

常に心がけているのは、お客さまの立場に立ち、
お客さまのご要望の背景を理解してよく考えて行動すること。

常に心がけているのは、お客さまの立場に立ち、お客さまのご要望の背景を理解してよく考えて行動すること。

しっかり働ける会社に就職したい、世の中に与えるインパクトが大きい分野で営業の仕事がしたい、と考えていました。ただ、IT知識は当初ほとんどなくて、新入社員研修でも何を言っているのはさっぱりわからない状態で(笑)。今のお客さまは新人時代からずっと担当していますが、最初は先輩とお客さまとのやりとりの議事録を作って、一つひとつわからない言葉を自分で調べていったことを覚えています。あとは自分でも本を読んだりしてずいぶん勉強しました。入社直後は本当にやっていけるのかと思いましたが、それなりに努力をすればできるようになるんですね。

今、強く意識しているのはお客さまの立場になって考えてみる、ということ。お客さまのご要望の背景をちゃんと理解して、よく考えてから行動する。例えばPC1台を販売するときも、なぜ必要なのかを理解する。プロジェクトの背景をしっかり認識しておくことで、よりお客さまのお役に立つことができます。またお客さまの環境、状況、困っておられることを常に把握しておくことも大切なこと。そうすることが、スピーディな対応や新たなプロジェクトにもつながっていきます。今後は、より大きな案件を担えるよう頑張っていきたいです。

HOME