JBSの人

  1. TOPページ
  2. WORK
  3. サービスデスクエンジニア 

WORK-社会を進化させる仕事-JBSの先輩社員が会社や仕事のことを熱く語ります。

中島 翼

サービスデスクエンジニア

中島 翼
Tsubasa Nakashima
経済学部・経済学科
2014年入社

サービスデスクエンジニア

中島 翼 Tsubasa Nakashima
経済学部・経済学科
2014年入社

中島 翼

仕事について

技術を学んだわけでもない、営業をガンガンやりたいわけでもない。
そんな自分にぴったりの仕事が、JBSにあった。

大学は文系でITに詳しいわけではありませんでした。そうなると、技術一辺倒というのも不安だし、かといって営業をガンガンやるようなタイプでもない。そんなとき、JBSにサービスデスクという仕事があることを知りました。技術でもなく、営業でもなく、ITでお客様をサポートしていく。これは面白いと思いました。これまではアプリケーションのサポートが中心で女性社員が多かったのですが、今後は技術的なサポートを増やしていこう、ということで男性の採用が始まり、私は男性のサービスデスクエンジニアの新卒社員の第一号になりました。入社後、研修を終えると配属は大手ゲーム会社。お客様がPCをすぐに業務に使えるようにする設定作業に始まって、資産管理や申請書処理、アカウントの管理、クライアントPCへのパッチ配信などのサーバー運用管理など幅広い業務を行っています。

最近では技術的な仕事の比率も高くなってきて、今はMacの運用管理ツールであるキャスパースイートの本格導入に向けて、動作検証の日々です。PCはまったくの素人で最初は右も左もわかりませんでしたが、習うより慣れろ、でした。トライ&エラーでナレッジが蓄積。今は、まさか自分がこんなことをやっているとは、という状況にありますね(笑)

仕事の魅力

同じことの繰り返しは嫌い。新しいことをどんどんやっていける、
自分の頭で考えて動いていけることが、大きな魅力。

同じことの繰り返しは嫌い。新しいことをどんどんやっていける、自分の頭で考えて動いていけることが、大きな魅力。

IT業界を選んだのは、ずっと同じことが繰り返されていく仕事が嫌だったから。ITの世界は変化が激しいので、常に新しいことをやり続けないといけない点が魅力でした。今の仕事は、そうやって新しいものに対応していくことで、お客様に喜んでもらえる仕事でもあります。特に今、担当しているお客様はITに詳しい人たちの集まり。技術に対するキャッチアップが早いので、スピード感を持って面白い仕事をさせてもらっていますね。お客様との距離感も近く、どんどん新しいことをやっていこうという空気がある。急にプロジェクトが同時に走り始めるので、てんやわんやするときもありますが(笑)。

もうひとつの魅力はJBSのチームの風通しの良さです。お客様はチーム10人で対応。ある程度のルールはありますが、基本的に仕事のやり方は各々に任せてもらえるので、強制感なく仕事ができています。また、仕事に対する意見も言いやすく、みんなでよりよい仕事をするために業務を変えていこう、という空気がある。自分の頭で考えて、仕事をしていけるのが、うれしいですね。そしてサービスデスクエンジニアは、カスタマーサービスのプロ集団でもあるので、今後はヒューマンスキルも勉強していきたいです。

HOME