Windows Server 2008 サポート終了 Azure 移行は JBS

Windows Server 2008 サポート終了 Azure 移行は JBS

Gold Microsoft PartnerAmbient Office/アンビエントオフィス

Road to 2020 世代交代
2019年から SQL Server 2008/2008 R2、Windows Server 2008/2008 R2 が続々とサポート終了を迎えます。
2020年に向けては Windows 7 や Office 2010 などのクライアント環境のサポート終了も予告されており、サーバーもクライアントもすべて足並みを揃えてバージョンアップというのは現実的ではありません。
マイクロソフトからは Azure への移行でセキュリティパッチが 3年間延長して提供される事が発表されています。
Windows Server 2019 についてもご相談ください。

JBS の取り組み

JBS ではマイクロソフトの発表を受け、マイクロソフトサーバー移行支援センターに参加しました。企業内で稼働する Windows Server を利用したシステムをクライアントアクセスまで含めて評価した上で、Azure Ready 判断、合格したシステムを Azure に退避、3年間の猶予をもって Azure PaaS などを組み合わせた高い生産性を活かしたシステム更新を提案します。

「SQL Server 2008 および Windows Server 2008 のサポート終了に関する新たなオプションを発表」
日本マイクロソフト Cloud and Server Product Japan Blog

「マイクロソフトサーバー移行支援センター」に関して
企業のデジタルトランスフォーメーションにおける最新インフラへの移行を推進、2020年の Windows Server 2008 サポート終了にともない「マイクロソフトサーバー移行支援センター」をパートナー 57社と共に設立
サーバー移行支援センター Windows Server 2008 / R2 SQL Server 2008 / R2 サポート終了

お客様 社内のサーバーはセキュリティパッチとかあててないし、塩漬けでいいよ。
標的型攻撃などの増加により企業内のネットワークだからといって安心できるわけではありません。 JBS
お客様 Azure はコストメリットがありそうなのはわかるんだけど、関連情報が少なくてわからないんだよね。
Azure を初めてご利用のお客様のために JBS では「Microsoft Azure を利用する前に必ず知っておきたいこと」を用意しています。
その情報に沿った設計をすれば、お客様が Azure を使い続けるために最適なスタートを切ることができます。
JBS
お客様 移行や管理・運用にどれくらい手間がかかるのかわからないから手が出せないんだよね。
近日中にアセスメントサービスを提供予定です。
アセスメントサービスでは、Azure の費用はもちろんの事、Azure Ready 判定ができたシステムの仮移行の費用を算出します。まずは Azure へ仮移行して、動きをご確認ください。
JBS
現在、Windows Server 移行アセスメントサービスを企画中!
JBS はマイクロソフトのアワードを多数受賞!

Microsoft クラウドマネジメントリファレンス
JBS は、マイクロソフトのクラウドサービス群の利用を開始する前に必ず知っておきたい重要な項目を提供しています。
ぜひご利用ください。
Microsoft クラウドマネジメントリファレンス

Ambient Office/アンビエントオフィス 紹介コンテンツへ

JBS はマイクロソフト製品及び関連サードパーティー製品をエンドユーザ視点のシナリオに基づいて統合するソリューション"Ambient Office/アンビエントオフィス®"を提供しております。マイクロソフト製品の活用、サードパーティー製品との連携、など是非ご相談ください。

関連ソリューション:Ambient Office へ

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く