JBS 日本ビジネスシステムズ株式会社

お問い合わせ

Ambient Office ディレクトリ同期サーバーアップグレードサービス

Ambient Office ディレクトリ同期サーバーアップグレードサービス

Gold Microsoft PartnerAmbient Office/アンビエントオフィス

ディレクトリ同期サーバー DirSync、Azure AD Sync のサポートが終了しました。
JBS では、Azure AD Connect サーバーへ短期間・低コストでアップグレードするサービスを提供します。

サービス概要

ご利用のディレクトリ同期サーバーを、DirSync サーバーまたは Azure AD Sync サーバーから Azure AD Connect サーバーへ、短期間・低コストでアップグレードします。

サービス概要

ディレクトリ同期サーバーとは?

DirSync、および Azure AD Sync のディレクトリ同期サーバーは、オンプレミスの AD DS ディレクトリとクラウド上の Azure Active Directory を同期する機能を提供してきました。これらの連携により、Office 365、Azure、SaaS など、Azure AD と連動するアプリケーションに関してユーザーの ID を共通化することができます。

アップグレードをお奨めする理由

ディレクトリ同期サーバー 旧バージョンのサポートが終了しました。

Office 365 と Active Directory の情報を同期しているディレクトリ同期サーバーを以下の統合ツールで構成している場合、最新バージョンの Azure AD Connect サーバーへアップグレードが必要となります。

サポート終了したツール ( 2017年4月13日 サポート終了 )

  • Azure Active Directory 同期ツール(DirSync)
  • Azure Active Directory 同期サービス(Azure AD Sync)

運用効率をさらに向上
ディレクトリ同期サーバーを Azure AD Connect にすると、Azure AD からの稼働監視連携の拡張や新機能も利用可能となり、運用業務効率の向上に活用できます。今後の新機能は、Azure AD Connect の更新プログラムで継続的に追加提供されます。

【ご参考】 進化したディレクトリ統合ツール ~ Azure AD Connect の特長

  • 複数のオンプレミス AD、Exchange 組織との同期に対応します。
  • デバイス情報の同期、オンプレミス AD へのパスワード書き戻しに対応します。
  • 同期サイクル間隔が、3時間から30分へと更新頻度が上がりました。
  • Azure AD Connect Health で、同期や ADFS の稼働状況を Azure ポータルで監視分析(*1)できます。
    *1 Azure AD Premium ライセンスと構成が必要です。

サービス提供のステップ

サービス提供のステップ
  • 1 オンサイトにて必要情報のヒアリングと必要要件の説明を行います。

ご提供内容と価格

作業項目 作業詳細 費 用
1 ヒアリング Azure AD Connect へのアップグレードに必要な内容をヒアリング ¥100,000
設計 パラメータ設計 ※ OS部分の設計は範囲外
2 導入 Azure AD Connect へのアップグレードを実施 ¥350,000
動作確認 簡易動作確認を実施
3 導入 定型の手順書のご提示 ・Azure AD Connect 手動同期手順
  • 既存サーバーをアップグレードします。
  • フィルタリングなどの標準設定以外や、新機能の実装は別途お見積します。
  • 定型の手順書は、導入に伴い無償で提供します。
Ambient Office/アンビエントオフィス 紹介コンテンツへ

JBS はマイクロソフト製品及び関連サードパーティー製品をエンドユーザ視点のシナリオに基づいて統合するソリューション "Ambient Office/アンビエントオフィス®"を提供しております。マイクロソフト製品の活用、サードパーティー製品との連携、など是非ご相談ください。

関連ソリューション:Ambient Office へ

お問い合わせ

WEB からのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせはこちら
03-4540-6478
受付時間:9:00〜17:00
※土曜・日曜・祝日を除く


to top